失踪者のPCをあさるクトゥルフ系無料ホラーゲーム『Pictures of a reasonably documented years』

『Pictures of a reasonably documented year』(以下、POARDY)は、2015年に開催されたFree Knowledge Game JamにてOutlandsが制作したホラーゲーム。現在公開されているGame Jam版には若干のバグが存在するようだが、2月か3月にはコンテンツを追加した完全版をリリースする予定だという。ゲームはこちらからダウンロード(Name your own price方式)できる。

プレイヤーは失踪した人物のPCをあさり、その人物がいなくなった理由を捜査していく。デスクトップには月別のフォルダがあり、一部のフォルダはロックされている。フォルダの中身は画像、テキスト、動画ファイルがあり、順に見ていくことになる。デスクトップ画面で謎を解いていく感じは『Her Story』に似ている。しかし、検索などはないので総当りで調べていくことになる。そこまで膨大な数ではないので問題はないはずだ。基本的にフォルダを順に見ていけばロックされているフォルダも解除されていき、最後までたどり着けるようにできているので、アドベンチャーというよりも自由度の高いサウンドノベルといったところだろうか。

画像ファイルは主に地図や写真になっており、ゲームを進めるうえでは最も重要となる。次にテキストファイルだが、買い物メモや日記、何者かに宛てた手紙が残されている。最後に動画ファイル、事件の発生前と発生後の周囲の変化が記録されている。しかし情報が断片的で、意味不明なものが多いので雰囲気を盛り上げるための要素だろう。物語を追っていくのに必要なのはテキストファイルと画像ファイルが主になっている。

スポンサーリンク
小屋が燃えてる動画ファイル
小屋が燃えてる動画ファイル

図書館の火事から自分の街が少しずつ変わっているような不安を感じたPCの所有者が地図を書き残したり、手紙を書いて不安を伝えたりしている。謎の人物との手紙のやり取りや、街中の何かが違う不安感など、クトゥルフ神話のオマージュが多く仕込まれており、直球なのは飼い犬の名前がCthulhuだったりする。

Cthulhuちゃんの画像が大画面で表示されるので怖いやら可愛いやら
Cthulhuちゃんの画像が大画面で表示されるので怖いやら可愛いやら

『POARDY』はクリアするだけならば、5分程度でクリアすることができる。適当にファイルを開いていけばフォルダのロックが解除されて、ラストシーンまでたどり着くことができてしまうほどだ。一方で、物語をしっかりと追っていけば、本作の世界観を存分に楽しむことができるだろう。

ホラーゲームではあるが、グロテスクな映像や画像はないので同ジャンルが苦手な人でも遊びやすいと思われる。クトゥルフ神話好きならばこの世界観にどっぷり浸かることができるに違いない。

スポンサーリンク