バレンタインデーにこそプレイしたい、人外生物とする恋愛シミュレーションゲーム8選

「214」という数字の羅列を見て吐き気を催した経験のあるかたはいないだろうか。この数字をみると、世の中の男女がソワソワして浮つきだし、好きでもないのに甘いもの好きのアピールを始める。この数字と関係する某日は私にとっては悪夢以外の何ものでもない。なによりその雰囲気に混ざることができない現実が何よりも私を傷めつける。この「1224」に並んで忌まわしい数字の日には、自宅にこもって画面内の平たい女性との恋愛に興じるのに限る。しかし昨今のゲーム内の女性を口説くのも容易ではない。ひとときの失言も許されず、気遣いを強いられ、あげくは仲良くもない女性の爆弾を取り除くためにデートを強いられるハメになる。そう、立体か否かの問題ではない。私は“人間”との相性が悪いようだ。そこで、私のような人類以外の異性との恋を熱望する方々にオススメする8つの人外ゲームを選んだ。是非これらのゲームをプレイし、「恋をするなら人類でなければ」という固定観念から脱却して、幅広い自分の可能性に目覚めていってほしい。

 

スポンサーリンク

「恐竜」Jurassic Heart

the-games-for-those-who-want-to-fall-in-love-with-creature-in-valentines-day-001『Jurassic Heart』はタイ人によって制作された恋愛ゲーム。攻略対象は恐竜のタイラ君のみで、1プレイ5分~10分程度で終えられる。主人公の女の子は人間で、中学生まで恐竜の世界で育ったタイラ君が高校生の今人間界で生活しているという設定だ。「あっ、タイラ君とウクレレを買いに行く時間だ」という唐突なセリフからゲームは始まる。タイラ君のいた恐竜の世界がどこにあるのか、どのような手段で人間界に来て普段どのように生活しているのか、なぜウクレレなのかはゲーム中一切語られない。

恐竜とのデートということで肉食系男子を求めていた女性陣には悲しいお知らせになってしまうがタイラ君は肉食系とは似ても似つかない心優しい高校生である。ゲーム中には時折選択肢が登場する。たとえば、デートの朝にはどのヘアクリップをつけて行こうかとなった場合、安全にいつもの化石のものにしておくか、タイラ君の好きそうな骨付き肉のヘアクリップにするか迷うことになる。お察しのとおり恐竜であるタイラ君が一番喜んでくれるのは骨付き肉のものだ。普段つけているという化石のヘアクリップは恐竜のタイラ君からすれば憎しみの対象となりそうなものであるが、とてつもなく鈍感か心優しいタイラ君はそんなことで怒ったりはしないのだろう。しかしデート中の選択によってはタイラ君が気を悪くして帰ってしまうといったバッドエンドになることもあるので慎重に選ばなければいけない。恐竜のタイラ君が怒ってプレイヤーをおいしくいただくという展開がないのは嬉しくもあり寂しくもある。『Jurassic Heart』は作者の公式HPにてプレイできる。

 

「ハト」はーとふる彼氏

the-games-for-those-who-want-to-fall-in-love-with-creature-in-valentines-day-002『はーとふる彼氏』は玻都もあ氏による攻略対象が全てハトの乙女ゲームだ。物語の舞台はハトばかりが集まる名門校。そこへ転校してきた人間の女の子が本作の主人公となる。選択肢によってパラメータや好感度が変動し、各キャラの固有エンドまたはバッドエンドへと分岐していく。攻略できるハトは家計に余裕がないという幼馴染のカワラバトから、鳥体実験を繰り返しているうわさのある保健医のイワシャコ、紅く染まった胸に邪悪の半身が封じられており、審判の日が訪れる時に大いなる使命を果たさなければならないというヒムネバトまで用意されている。定番のハトからマイナーすぎてハトかどうかさえ定かでない鳥までカバーしているハト好きにはたまらない恋愛ゲームと言える。また、攻略対象ではないもののハト以外の鳥も登場するので、鳥が好きすぎてハトだけでは物足りないという方にもおすすめだ。

最初のうちはハトと恋愛なんてナンセンスだと半信半疑なままプレイをすることになるかもしれないが、その恋愛を成就させるころには街なかでハトを見かけるだけで胸がときめいてしまうようになっているだろう。『はーとふる彼氏』は公式HPでフリー版が配信されていて、完全版は432円で購入できる。

 

「化物」クリーチャーと恋しよっ!for 乙女

the-games-for-those-who-want-to-fall-in-love-with-creature-in-valentines-day-003その見た目の毒々しさから生理的嫌悪感を抱く人も少なくないというミステリーホラーラブストーリー。攻略対象は昆虫のような見た目のクリーチャーと、ぬめぬめした多眼クリーチャーの二人。主人公の女の子以外は友達も先生もクリーチャーという世界であなたは“本当に誰かを好きになる”ということについて考えさせられることになるだろう。恋愛において一番重要になるのは外見などではなく中身なのだ。たとえグソクムシのような顔であろうと、全身がぬめぬめしていようと心は私たち人間となんら変わりはない。彼らも私たちと同じように生活をし、恋をするのである。

本作では王道の恋愛シミュレーションゲームでありながら、普通の恋愛では得られない経験をすることができる。外見にとらわれない恋愛がしたい、いやそんなことは関係なくただクリーチャーと恋がしたいという男性の方々には前作『クリーチャーと恋しよっ!-ここのえこころ-』が用意されている。こちらではバッタのような女の子との恋愛を楽しむことができる。選択肢を誤ればクリーチャーに命を奪われることもあるが、あえてクリーチャーと恋愛をしてみようと考える男気のある男性プレイヤーにはいらぬ心配であろう。これらは公式HPからダウンロードすることが可能だ。

 

「機械」恋する!brotherくん

the-games-for-those-who-want-to-fall-in-love-with-creature-in-valentines-day-004人間はもちろん、生き物との恋にすら疲れてしまった、そういうあなたは無機物と恋をしてみてはいかがだろうか。『恋する!brotherくん』はプリンターメーカーbrotherが制作したPC向けブラウザゲームだ。本作に登場するのは、ある日主人公の女の子の学校に転校してきた「ブラ ブラ男」という色白、もとい白いボディーを持つbrotherのプリンタだ。彼は趣味がフットサル、好きなインクはマゼンタというどこにでもいる普通の男子高校生。

その内容もいたって王道もの。体育の時間の直前、忘れものをした主人公が教室へ戻ると着替え中のブラ男と鉢合わせてしまうというハプニングが起こる。主人公はブラ男の顔料系インクやカートリッジ部分まで見てしまい、ブラ男に変態と思われてしまったのではないかと思い悩む。そんな一人の女の子と一台の男の子との青春ラブストーリーなのだ。しかし物語の終盤にある事実が発覚する。なんとブラ男は自分がプリンタであることを隠して生活していたのだった。主人公の目にはそう映っているのかもしれないと考える方もいるだろうが、彼女から見てもれっきとしたプリンタなので安心してほしい。このゲームをプレイしたあとには家にあるプリンタを見る目が変わっていることだろう。

 

「龍」Dragon Dating Simulator

the-games-for-those-who-want-to-fall-in-love-with-creature-in-valentines-day-005『Dragon Dating Simulator』はその名のとおりドラゴンとデートをするゲームだ。異文化理解を目的とした交換留学によってドラゴンの世界へと赴いた主人公が、ドラゴンと友人になり、いつしか恋に落ちるというもの。開発者はこのゲームの開発を決めた理由について、世間一般においてドラゴンが強力な生き物ととらえられており、さまざまな作品の中で悪者にされてしまい苦しんでいることを挙げている。このような背景からか、ほかの作品とは一風変わっておりこの作品は主要人物の生死や葛藤が描かれるシリアスな作品となっている。

残念ながら本作はIndiegogoのキャンペーンで未到達に終わり、企画は立ち消えとなった。しかし昨年10月に装い新たに『Angels with Scaly Wings』としてまたしてもIndiegogoでファンディングを実施している。『Angels with Scaly Wings』はよりドラマ性の強い作品となるようだ。ドラゴンの名に恥じない生命力で、現在も開発は進行中だ。男女両性別のドラゴンが取り揃えられているのみならず、マジメな眼鏡ドラゴン、ヤンチャドラゴン、熱血ドラゴンと幅広い属性が用意されており、現代のニーズにも対応している。

 

「骨」スケルトンと恋に

the-games-for-those-who-want-to-fall-in-love-with-creature-in-valentines-day-006『スケルトンと恋に』(正式名称はTo love a Skeleton)は現在開発中の女性向け恋愛ゲームだ。プレイヤーはいたって普通の少女であるが、ひょんなことからスケルトンだらけの学校へ入学してしまう。プレイヤーは学園生活を過ごしながらなぜ生徒がスケルトンの姿をしているのかを探っていくことになる。体が骨しかない彼らではあるものの、キャラクターごとの描き分けもされており、いたって普通の恋愛ゲームと言える。彼らは人間としての姿も同時に持っているので、きちんとオシャレをし、髪型にも抜かりはない。見た目は少しホラーだが、ストーリーを進めていくうちにその姿が愛らしく見えてきて、どうして現実世界の男性には肉や皮があるのだろうかと疑問を持ってしまうかもしれない。骨だけになってしまえばみんな恋愛におけるスタートラインは同じ。だんだんとオシャレさと人柄で公平に勝負ができる彼らがうらやましく思えてきてしまう。

Kickstarterでクラウドファンディングを募集している本作は2000ドルのゴールを目指しているが、2月10日現在ではまだ300ドル程度の支援に留まっている。Indiedbにあるデモをダウンロードして、その世界観を確かめてみてほしい。

 

「神」エジコイ!〜エジプト神と恋しよっ〜

the-games-for-those-who-want-to-fall-in-love-with-creature-in-valentines-day-007誰しも一度は神様と恋愛をしてみたいと思ったことがあるのではないだろうか。『エジコイ!〜エジプト神と恋しよっ〜』はそんな願いを叶えてくれるゲームだ。攻略対象は気難しくも頼れる先輩アヌビス、久方ぶりに再会した幼馴染ホルス、好きなものが「心臓」の不思議な後輩メジェド。エジプト神という肩書きに相応しい神々しさを持つ彼らにはそれぞれの魅力がある。彼らの話にはまれにエジプト用語が出てくるので、より理解を深めたい人は調べてみるといいだろう。

彼らのデザインはエジプトの神として描かれていた壁画が元となっているので、いつ何時であろうとも正面を見ることはないという特性を持っている。選択肢によってキャラクターごとの好感度が上がっていき、それが一定以上になるとめでたく結ばれる。ただし、もし間違った選択肢を選んでしまうと神の怒りに触れ恐ろしいバッドエンディングが待ち受けている。エジプトの神との恋に生半可な気持ちで挑むことは許されないのである。攻略対象以外にも情熱的な教育を行う先生ラーやメジェドが狂信的に慕っている優しい先輩オシリスなど、かなり個性的なキャラクターが主人公の周りに存在する。開発はグッディア株式会社で、AndroidiOS向けに配信中だ。

 

「動物」パカプラス

the-games-for-those-who-want-to-fall-in-love-with-creature-in-valentines-day-008ここまで読んでみて、やっぱり自分には人間以外の生き物との恋愛なんて無理だと途方に暮れている方に朗報だ。『パカプラス』のヒロインはもともと普通の女の子で、姿が変わってしまってからも心は人間のころとなんら変わりない。

ストーリーは、ある日主人公と彼女が二人でアルパカ王国へ行った帰りのバスで、彼女がアルパカに変わってしまうところから始まる。主人公は困惑しながらも、心優しい性格のためそれを彼女に指摘できないでいた。一方当の彼女は自分がアルパカになってしまっていることに気づいていない。彼女を傷つけないよう過ごしていかなければならないが、気になるものはどうしようもない。しかしながら、変身した生き物がクリーチャーでなかったことに感謝するべきである。体毛の量は元の何倍、何十倍にも増えてしまい、4本の足で地を踏みしめているが彼女は彼女、可愛らしさに変わりはない。見た目だけアルパカの彼女とひと夏を過ごすうち、あなたには「もうこのままでいいかな」などという気持ちが芽生え、人間との恋では満足できなくなってしまっているかもしれない。

 
ここまでさまざまな恋愛ゲームを紹介してきたが、いかがだっただろうか。これだけ異種族に魅力的なキャラクターが存在するならば、霊長類であるか否かにこだわる必要もないだろう。私は糖分で固められた固形のカカオなんぞ摂取しても健康に害があるだけなので全く必要としていない。ましてや人肌が恋しいなどということはなく、もしそう感じたとしても着衣を投げ捨てて自分で自分を抱きしめればよいのである。ぜひ、読者のみなさまにもAUTOMATONのコンセプトである“時代の逆行”にしたがい、「素敵な(人間の)異性と恋をする」という理想から脱することを願っている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog