病床に臥した少年の冒険を描くRPG『Rakuen』が近日発売へ。現実と幻想の狭間で少年は「希望」を知る

発売前や登場したばかりのインディーゲームから、まだ誰も見たことがないような最前線の作品を紹介してゆく「Indie Pick」。第368回目は『Rakuen』を紹介する。

『Rakuen』は現実世界と幻想世界を行き来するRPG。主人公の少年は、とある理由で長い間病院に入院している。一日のほとんどを本を読んで過ごす彼は、おとぎ話「モリゾラの森」を好んでいた。モリゾラの森は、主人公と同じ年頃の少年が「Rakuen」と呼ばれる桃源郷へ向かうため、困難を乗り越える物語。主人公の少年はこのおとぎ話の世界へ行きたいと母親に頼みこむと、母親はなんと快諾する。モリゾラの森へと着いた少年は、森の守護者であるMorizoraから、とある条件を達成させれば、ひとつだけ夢を叶えると告げられる。その条件とは、同じ病院にいる患者たちの秘密を知り、彼らを助けることだった。現実と幻想の狭間で、少年は希望や共感を知り大きく成長していく。

スポンサーリンク

『Rakuen』は、ジャンルはRPGとなっているが、戦闘などは存在しない。しかし、ダンジョンの探索やパズルなどは多数用意されている。フィールドを移動しキャラクターとの会話をおこない、イベントを進行させていくのが基本的な流れとなる。

ゲームは、現実世界の病院パートと幻想世界である夢パートに分かれており、現実世界では秘密を隠し持つ人々と仲良くなりながら、モリゾラの森では奇妙でかわいらしい生き物とふれあいながら冒険していく。お互いの世界はリンクしており、片方の世界で得たアイテムをもう片方の世界に持ち込んだり、イベントによって両方の世界が変化したりするのだという。音楽にも力が入れられており、BGMのなかにはボーカル曲も収録されているようだ。

20170120-38681-001

作品のコンセプトや雰囲気などからわかるとおり、本作は『To The Moon』から強い影響を受けている。それもそのはず、本作を手がけるLaura Shigihara氏は『To The Moon』の開発に参加していた過去を持つ。同作のメインテーマともいえる「Everything’s Alright」はShigihara氏が歌う楽曲。『To The Moon』には歌手としてだけでなく、作曲家としても携わっていたようだ。氏はほかにも『Minecraft』の「cube land」や「From the Ground Up」を歌っていることでも知られている。『Rakuen』では、音楽はもちろん、全面的なゲーム制作をもおこなっている。4年間にわたる開発のすえに、とうとうゲームが完成したようだ。

対応プラットフォームはPC。リリース時期は2017年初頭とされており、すでにSteamストアにはページが用意されている。

スポンサーリンク

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog