ノイズ混じりの2Dドットで描かれるSFアクションゲーム『Radio the Universe』が開発中、迷宮と化した空のない街をさまよう

3/22 読者アンケートのプレゼント当選者さまにSteamキーをお送りしました。みなさまのご協力に感謝申し上げます。

発売前や登場したばかりのインディーゲームから、まだ誰も見たことがないような最前線の作品を紹介してゆく「Indie Pick」。第378回目は『Radio the Universe』を紹介する。

『Radio the Universe』は2012年にKickstarterで開発資金を募り、3567人から8万1719ドルを集めることに成功した2Dアクションアドベンチャーゲームだ。それから約5年、幾度かの延期を繰り返しつつ、開発は現在も細々と続けられている。本作の世界観やテイスト、アクション性は、下のトレイラーを見てもらった方が早いだろう。

スポンサーリンク

現時点で『Radio the Universe』の物語や世界観に関する情報はほぼ明らかにされていない。判明しているのは主人公が「名前のない女性キャラクター」であり、舞台となるのが「迷宮と化した空の見えない街」であるという2点だけだ。スクリーンショットや映像では多種多様なロボットと戦うシーンが披露されているが、主人公以外のほかの人間や生物は見当たらない。この街と彼女にいったい何が起きているのだろうか。

開発者のSixe氏によれば、本作では『ゼルダの伝説』とダークSFを織り交ぜたような作品を目指しているという。ほかにも『ゆめにっき』『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』『Hotline Miami』『Dark Souls』からの影響を受けているほか、2DJRPGにおける“色合い”も意識しているとのこと。ノイズ混じりの2Dドットは非常に魅惑的で、重厚かつ狂気的なBGMは本作の暗く重苦しい世界観を見事に表わしている。

223dd456f8269e731c9e8a8711c0be92_original

なおゲームプレイに関してはいくつかの情報がでており、即死級のトラップが各所に設置されるなど、なかなか難易度の高いものとなるようだ。プレイヤーはダッシュやシールドなどのアクションを駆使しつつ、メイン武器のパルサーで敵を撃ち倒したり、トラップを逆手に取って敵を倒したりする。モジュール形式のアップグレードシステムも用意されており、各種ボーナスやアビリティを得ることができる。

『Radio the Universe』は現在も開発が続けられており、今年1月の報告でSixe氏は「そう遠くない日に届けられることを願いたい」と伝えている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog