ファンタジー世界の「酒場」を切り盛りする運営シミュレーション『Tavern Keeper』がキュート。2018年発売へ向け開発進む

3/22 読者アンケートのプレゼント当選者さまにSteamキーをお送りしました。みなさまのご協力に感謝申し上げます。

発売前や登場したばかりのインディーゲームから、まだ誰も見たことがないような最前線の作品を紹介してゆく「Indie Pick」。第380回目は『Tavern Keeper』を紹介する。「Tarven」とは、ファンタジー世界にも登場する酒場を意味する言葉だ。本作『Tarven Keeper』はその名のとおり、酒場を切り盛りして運営するシミュレーションゲームとなっている。

『Tavern Keeper』において、プレイヤーは酒場を運営するマスターだ。地元の農民や遠方からやって来た冒険者、はてはオークの貴族などをもてなし、最高の酒場を運営することを目指す。ゲームは需要と共有のバランスを考慮しなければならないリソース(食料・資源)管理を軸に、料理や水くみ、従業員の管理から見世物の充実、建築や掃除といった多種多様なシム要素が用意されている。酒場の拡張とワークフローの最適化に務めることが攻略の鍵となるようだ。

公開されているスクリーンショット。左上には粉類が入ってるらしき袋や、なにやら色々なものを積んだ小舟が確認できる
“Tavern”ということで、宿泊施設も管理することができるようだ
リソースをどこにまとめるのか、キッチンやカウンターをどこに配置するのか。効率的に仕事が流れるよう管理するのが重要となりそうだ

スポンサーリンク

『Tavern Keeper』が発表されたのは昨年11月。現在はアルファ 段階となっておりゲームプレイ映像も公開されていないが、開発はゲーム開発会社の運営シミュレーション『Game Dev Tycoon』を手掛けたGreenheart Gamesが担当している。すでに同ジャンルの作品を完成させていることもあり、『Tavern Keeper』にも期待してよいだろう。ロードマップによれば、開発は2014年から続いており、2015年にはHTML5からゲームエンジンの「Unity」へと乗り換えたとのこと。ベータ版を2018年にもリリースしたいと開発陣は伝えている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog