ちびキャラ達がファンタジー世界で戦う対戦アクション『Fantasy Versus』開発中。“パンツアクション”開発者による正統派新作

発売前や登場したばかりのインディーゲームから、まだ誰も見たことがないような最前線の作品を紹介してゆく「Indie Pick」。第537回目は『Fantasy Versus』を紹介する。

本作は中世ファンタジー風の世界を舞台にした、マルチプレイ対応の対戦型アクションゲームだ。性能や特性が異なる13人のキュートなちびっこキャラクターの中から1人を選び、装備を整える。お気に入りのちびキャラを選択したならば、チームメイトと共に戦場へと出撃しよう。戦場ではちびキャラたちが入り交じる乱戦がおこなわれる。熾烈な攻撃をかいくぐり、制限時間内に相手チームの殲滅と塔の破壊を目指すのだ。本作は、もちろんシングルプレイにも対応している。全13のシングル用ステージでCPUを相手に戦い、プレイをしながら各ちびキャラの特性を把握しマルチプレイ用の予習にしてみるのもいいだろう。

スポンサーリンク

利用できるキャラクターは、農民からハンター、槍兵、エルフの剣士まで幅広い。それぞれ異なるスキルを所有しており、例えば農民なら松明を掲げて異端者を焼き尽くすことができる。ハンターならトラバサミを設置して相手の動きを封じることが可能だ。かわいい見た目に反してなかなかハードな戦術が選択可能なのだ。各キャラクターは戦場へ4つの装備と、2つのアイテムを持ち込むことができる。装備はキャラクターの能力値を上昇させ、アイテムはHPやMPの回復に利用できるものが主となるようだ。うまく使えば戦闘を優位に運ぶことができるだろう。ただし装備やアイテムの購入にはコストがかかるため、所持金と相談しながら何を持ち込むべきか慎重に検討しよう。用意された装備の種類は豊富で、それらを収集していく要素もあるようだ。

キャラクターの選択が終わったら、戦いの舞台となるマップを選択して出撃だ。一回の試合の制限時間は7分で、4対4でチームに分かれて争うことになる。試合開始時、敵味方ともに一定のポイントが与えらる。このポイントは、マップ上に設置された自チームの塔が破壊されたり、チームメイトが倒されることで減少していく。互いにポイント削り合い、先に相手チームのポイントをゼロにする、または制限時間が過ぎた時により多くのポイントを所持していたチームが勝者となる。与えられた時間は少なく、守りに徹するだけでは勝利はおぼつかない。エルフ剣士の俊足をいかした陽動や、暗殺者での各個撃破など、キャラクターの長所を踏まえた攻めの戦略が重要となるだろう。勝利のためには、チームメイトとの密な連携も欠かせない。連携にはラジアルメニュー(または、同等の内容が割り当てられたファンクションキー)を用いる。同メニューには「火力を集中」「集合」「塔を破壊」といった簡単な指示がまとめられており、ボイスチャットに頼らない迅速なコミュニケーション手段として役立つはずだ。状況に応じた適切な指示を出しあい、チームメイトと協力することが勝利への近道となるだろう。

本作の開発を手がけるのは、台湾のインディーデベロッパーAnimu Game。Steamにて『Forward to the Sky』や“パンツアクション”『Panty Party』をリリースし、キャラの魅力だけに頼らない丁寧な作風はユーザーから高い評価を得てきた。本作は同スタジオが最も得意とする可愛いらしいキャラクターによるアクションゲームということで、そのクオリティには期待が持てそうだ。なお、Steamストアページによると日本語にも対応予定のようだ。

『Fantasy Versus』の対象プラットフォームはPC(Steam)で、2018年5月16日のリリースを予定している。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog