「浮浪者」として都会の路上で暮らす『Bum Simulator』開発中。はみ出し者としての自由な生活をオープンワールドで楽しむ

発売前や登場したばかりのインディーゲームから、まだ誰も見たことがないような最前線の作品を紹介してゆく「Indie Pick」。第539回目は『Bum Simulator』を紹介する。

『Bum Simulator』は、浮浪者として生活するシミュレーターゲームだ。プレイヤーの浮浪者は、すべてを失ったひとりの男。男に残ったのは、薄汚れた路上に住まう生活。地べたを這いつくばり毎日を過ごしながら、これからの人生をどう過ごすかを考えていく。毎日を生き抜くか。自分を捨てた者たちに復讐するか。浮浪者の王となるのか。新たな職を探してやり直すか。すべてはプレイヤー次第だ。

スポンサーリンク

ゲームの舞台は、光と影の両方を照らす都会。汚い路地、街のストリート、質屋、セントラルパーク、地下鉄、ネズミに汚された下水道。これらのマップがシームレスにつながったオープンワールドにて、気ままな暮らしをおくるのだ。トレイラーではゴミ箱の上にある酒を飲んで嘔吐し、その光景を煽る同じ浮浪者に瓶をぶつけたり、ゴミの分別の仕事をするシーンが映し出されている。また路上にて募金を求める場面や、質屋にて高額商品を窃盗するシーンも確認でき、プレイの自由度はかなり高そうだ。映像の全編を通じておじさん(プレイヤー)の不快な声が聞こえてくるように、ゲームプレイ・演出ともになかなかにひどい作品に仕上げられているようだ。

単に自由度が高いというだけではなく、メインストーリーとなるものが用意されているほか、クエストやキャラクター、イベントなどが潤沢に揃えられているという。非常識な行動を起こすとNPCは細かくリアクションするようで、トレイラーでは警察に追われている場面も映し出されている。

浮浪者をテーマとした作品としては、『Hobo: Tough Life』が存在する。『Hobo: Tough Life』はシリアスなサバイバルゲームとしてデザインされているが、『Bum Simulator』はよりコミカルなタイトルに仕上げられている印象だ。パブリッシングは、意欲的なシミュレータータイトル『Car Mechanic Simulator 2018』や『Demolish & Build 2018』を発売するPlayWayが担当することもあり、ある程度の品質は期待できるだろう。

『Bum Simulator』は、PC(Steam)向けに2018年10月6日に発売予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog