子猫爆発カードゲーム『Exploding Kittens』のiOS版が登場。Kickstarterにてもっとも多くの出資者を集めたプロジェクト

カードゲームやアナログゲームと聞くと、すこし身構えてしまう方もあるだろう。わたし自身もデジタルゲームに慣れてしまっているからなのか、ルールがわかりづらいとか、さまざまな理由で敷居が高く感じてしまう。しかし安心してほしい。今回のMobile Pickで紹介するカードゲーム『Exploding Kittens』は、爆発する子猫のカードを引いたら負け(正確には違うが)というシンプルなルールであり敷居は高くない。簡単に言えばにゃんこ版ロシアンルーレットだ。制作を手がけたのは、Microsoft Game Studiosや42 Entertainmentで代替現実ゲームの開発に携わってきた経歴を持つElan Lee氏を筆頭に、マーケティングやゲームデザインなどさまざまな世界で経験を積んだShane Small氏、コミックウェブサイト「The Oatmeal」を運営するアーティストMatthew Inman氏の3名。iOS版の開発はSubstantialが担当した。

 

スポンサーリンク

売れ行きも爆発的

爆発的に売れたアナログ版『Exploding Kittens』
爆発的に売れたアナログ版『Exploding Kittens』

『Exploding Kittens』は2015年にKickstarterにて過去最高の出資者数(21万9382人)を記録し、目標金額1万ドルに対して878万2571ドルを集めたことでも話題になった。昨年には、その注目の高さからか、サル爆発『Exploding Monkeys』、ニワトリ爆発『Exploding Chickens』、子犬爆発『Exploding Puppies』、ゾンビ子犬爆発『Exploding Zombie Puppies』などなど、とにかく動物が爆発するクローンが大量に登場していた。

高い人気を博した『Exploding Kittens』が2016年1月21日にiOS向けにリリースされた。アナログ版と同様に2~5人のゲームプレイが可能である。気をつけてほしいのは、現時点ではローカルWi-FiとBluetoothにしか対応していないという点である。これについてはっきりと明記されていないためか、米国App Storeにはオンラインプレイできないことに対する不満のコメントと共に多数の低評価が付けられている。また、アナログ版の完全移植ではないという点にも注意してほしい。すくなくとも今は『Exploding Kittens』とiOSデバイスを所持しているプレイヤーが一箇所に集まらなければ遊べない。Android版は今後配信される予定となっている。カードのイラストが過激な大人向けバージョン「NSFW Edition」には対応していないので、より笑いを求めるのであれば海外からアナログ版を個人輸入するしかない。

 

iOS版『Exploding Kittens』

かわいらしいイラストが描かれたカードは、効果によって色分けされている。
かわいらしいイラストが描かれたカードは、効果によって色分けされている。

当然ながらiOS版『Exploding Kittens』にはマニュアルは付属していない。そのかわりに。丁寧なチュートリアルが用意されている……と言いたいところだが、山場から子猫爆発カードを引いてはいけないことと、簡単な操作方法しか教えてくれない。初めてカードゲームを遊ぶという方や、英語が苦手だという方は戸惑うかもしれない。しかし、あなたが涙をこらえながらひとりで2台のiPhoneを使ってプレイしているのでなければ問題ない。「いま何が起きたか」から、友人と一緒にルールを学んでいけばよい。それに、対象年齢は7歳以上ということもあって、イラストからカードの効果を知ることができるようになっている。

基本的にプレイヤーは自分のターンで「カードを引く」「カードを出す」のどちらかワンアクションしかできない。カードの所持枚数で勝敗が決まるというわけではないので、自分にターンがまわってきたらひたすらカードを引き続けるという遊び方をしてもよい。ただ、ロシアンルーレットの弾丸である「爆発する子猫」が山札の中にあるということを考えると、引く行為はリスクが高い。できれば優先的に手札を出し、引く枚数を最小限にとどめたくなるだろう。

敗北は山札の中に潜んでいる。爆発を回避できたら、「爆発する子猫」を山札のどこに入れるかを自身で決定できる。

もしもあなたが「爆発する子猫」を引いたとしても、負けを回避する手段が用意されている。それが爆弾解除カード「DEFUSE」だ。上で掲載したスクリーンショットのように、手札に「DEFUSE」があれば急がず慌てず、いや、制限時間があるので急いで解除ゾーンにカードを出せばよい。それで爆発を防ぐことができる。すべてのプレイヤーが「DEFUSE」を1枚持った状態でゲームが開始するので、スタート時の手札の具合で絶望を感じることはない。運悪く「DEFUSE」を使ってしまった場合、次の爆発の危険に備えて、いままで嫌ってきた山場からカードを引くという行為の優先度を上げなければならなくなる。

「DEFUSE」さえ持っていれば安心。そんなふうに考える時期は誰にでもある。『Exploding Kittens』は最大5人が参加する戦いである。ほかの誰かに「爆発する子猫」を引かせるために、全員が躍起になるゲームなのだ。極めてシンプルなルールの本作をより白熱させ、さらに戦略要素を加えるのが、数種類用意されている特殊カードだ。

重要な戦略カードのひとつ「SEE THE FUTURE」。その名のとおり、山札の未来が見える魔法のカード。この画像の場合、上から3枚目までには「爆発する子猫」がいないことがわかる。この結果から次の一手を考えよう。

『UNO』でおなじみの「SKIP」や「REVERSE」、次のプレイヤーの行動回数を強制的に増やす「SLAP」、うんちをぶっかけてカードを使えなくする「ANNOY」などなど、用意されているカードの種類は豊富ではないものの、ほかのプレイヤーを負かすために必要なカードはじゅうぶん揃っている。すべてのカードとその効果については公式マニュアルを見てほしいと言いたいところだが、アナログ版とiOS版では違いがあるので、あまり参考にならないかもしれない。

 

できれば3人以上で

プレイヤー数が多ければ多いほど楽しいのは間違いない。なるべく3人以上で遊ぶことをおすすめする。2人では「REVERSE」が登場せず、「SKIP」も本来の効果を発揮しないので、勝敗があっさりと決まりやすいからだ。3人以上で集まることができ全員がiPhone/iPadを所持しているのであれば、現バージョンを購入しても楽しく遊べるだろう。もしそうでないなら、オンラインマルチに対応するアップデートがおこなわれるまで待つという判断も間違いではない。

デジタルだから仕方のないことだが、誰かがカードを引く瞬間にその場の空気が張り詰めるというようなアナログゲームならではの良さは薄い。また演出面はデジタルらしさがいまいち活きておらず、「爆発する子猫」を引いたプレイヤー自身がオーバーリアクションをとらなければ場が盛り上がりにくい。しかし、そのような不満点があったとしても、すぐに覚えられる単純明快なルールや、かわいらしいイラストと猫の鳴き声は、性別年齢を問わず幅広い層に受け入れられるはずだ。価格は240円とひかえめなので、アナログ版の購入を検討している方は、まずはiOS版でお試ししてみるのもありだろう。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog