『Skullgirs』を生んだLab Zero Gamesの新作『Indivisible』オープニングムービー制作に「キルラキル」のトリガーが参加

アニメーションスタジオのトリガーは、同社が『Indivisible』のオープニングムービーの制作に参加していることを発表した。『Indivisible』は『Skullgirls』を手がけたLab Zero Gamesが開発するアクションRPGだ。『ヴァルキリープロファイル』シリーズと『メトロイド』シリーズから影響を受けており、横スクロール形式でダンジョンを探索しつつ、敵と遭遇した際には戦闘フェイズへと移行するシステムを採用している。『Skullgirls』と同様の「Z-Engine」が採用されており、なめらかなアニメ調のビジュアルが楽しめるのも本作の魅力だろう。

スポンサーリンク

『Indivisible』は昨年Indiegogoにて150万ドルのクラウドファンディングキャンペーンを成功させ、最終的に集まった開発資金は196万ドルまで伸びていた。190万ドル達成のストレッチゴールには「アメリカのアニメーションスタジオTITMOUSEと謎のアニメ制作会社がオープニング映像を手がける」が設定されていた。そしてこの謎のアニメ制作会社が、今回発表されたトリガーだったというわけだ。

トリガーはアニメ制作大手ガイナックスにて「天元突破グレンラガン」に携わったメンバーが中心となって立ち上げられたスタジオ。最近では『キルラキル』や『リトルウィッチアカデミア』を手がけていることでも有名だ。トリガーはLab Zero Gamesと同様に『リトルウィッチアカデミア 2』を制作するためにKickstarterにてクラウドファンディングキャンペーンを開始し、成功を収めた過去を持つ。そうしたクラウドファンディングを利用し成功させたという共通点がLab Zero Gamesとのつながりを生んだのかもしれない。

『Indivisible』はPC/PlayStation 4/Xbox向けに、2018年のリリースを予定している。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog