宇宙西部劇を舞台に3人と1匹が悪党を倒す、2Dシューティングアクション『Wild Guns Reloaded』の配信がPS4向けに本日開始

ナツメアタリ株式会社は、2016年12月13日本日より『Wild Guns Reloaded(ワイルドガンズ・リローデッド)』の配信を開始した。対象プラットフォームはPlayStation 4、価格は税込み1800円となる。

スポンサーリンク

『Wild Guns Reloaded』は、1994年にナツメがリリースしたスーパーファミコン向け2Dシューティングアクション『Wild Guns』にさまざまな新規要素を追加したタイトルだ。SFと西部劇が融合したような宇宙開拓時代を舞台に、プレイヤーは3人と1匹の操作キャラクターから1人を選び、世にはびこる悪党たちを退治することを目指す。「Reloaded」版では、新規キャラクター2人と新規ステージ2つが追加され、オフラインでの4人Co-opモードにも対応、さらにワイド表示に対応するためビジュアルを再構築している。

『カベール』や『ブラッドブラザーズ』、あるいは『銃武者羅』といった作品で展開されてきた「2Dシューティングアクション」は、キャラクターを横スクロールさせて弾を避け、銃撃で敵を倒すデザインを採用している。固定画面ながらもプレイヤーの攻撃に呼応してアニメーションで次々とビジュアルが変化する様は同ジャンル独特の魅力。ひさびさのジャンル新作ということで、過去にプレイしたプレイヤーも新規プレイヤーもぜひ『Wild Guns Reloaded』を手にとってみて欲しい。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog