“スーパーファミコン向け”格闘ゲーム『Unholy Night: The Darkness Hunter』開発中。『サムスピ』など携わった元SNKスタッフ手がける

先日開催された香港レトロゲーム博覧会にて、“スーパーファミコン向け”の2D対戦格闘ゲーム『Unholy Night: The Darkness Hunter 魔界狩人(以下、Unholy Night )』が開発中であることが明かとなった。同作はかつての名作の再販やリメイクなどではなく、いま現在制作が進行しているスーパーファミコン向けの完全新作タイトルだ。開発は『龍虎の拳』『月華の剣士』『サムライスピリッツ』『風雲スーパータッグバトル』『THE KING OF FIGHTERS』シリーズ(『KOF98』『KOF2001』『KOF2002』)に携わった元SNKスタッフたちのチームが担当している。

『Unholy Night』の世界に住む人類は、かつて「暗黒の一族(Darkness Clan)」と呼ばれる者たちに支配されていたが、一族は人類文明の発達によって世界から姿を消していた。しかし彼らは滅亡していたわけではなく、闇に身を潜めて人類を狩り続けていたのだ。暗黒の一族に対抗する人類の勢力「狩人(Hunter)」なども現れ、世界の片隅で激闘が繰り広げられていた。そしてある日、かつて最強と呼ばれた吸血鬼「禍蛇」が封印された棺が持ち出され、「龍の宮殿」に運ばれた。そこに集まる「龍気」によって封印は弱まっており、その封印が破れたその時、世界は再び暗黒に包まれるのだという。禍蛇の復活をめぐり、暗黒一族と狩人のさらなる死闘が始まる。

開発者によれば、『Unholy Night』は「原点回帰」をテーマとしたタイトルで、誰もが遊べる快適性がありながらも駆け引きの奥深さがあるタイトルを目指しているという。スーパーファミコンの性能の限界にも挑戦しており、カットシーンや演出にも力が入れられているそうだ。YouTubeチャンネル「Extreme East F.G.C」が投稿した映像では、同作のアニメーションやビジュアルの一旦を確認することができる(アーケードコントローラーはカプコンの「CPS-FIGHTER」を使用しており、確かにスーパーファミコン上で動作しているようだ)。

スポンサーリンク

台湾のメディアPost76が報じた概要によれば、システム面ではそれほど目立った点はなく、オーソドックスな格闘ゲームのデザインを追従している模様。通常技や地上・空中必殺技に加え、打撃がかち合った際に互いの攻撃がキャンセルされる仕様、ガード時に逆方向レバー入力で発動するガードキャンセルなどが存在。ほかにもチェーンコンボや吹き飛ばした相手をさらに追い討ちするシステムが用意されている。またゲームモードも「ストーリーモード」「バーサスモード」「プラクティスモード」に加え、CPUと負けるまで戦い続ける「サバイバルモード」とシンプルなものだ。

120354m569t0phqoh0n0mo
狩人の1人電光(Blaze)。現時点では3人の狩人と3人の暗黒一族の操作キャラクターが登場予定

なお前述のPost 76によれば、開発は大阪に拠点を構えるゲーム企業「フォックスバット」が手がけており、制作協力には「Nu-Gaia」、生産には「Blazepro」といった香港の企業が名を連ねている。対応機種はスーパーファミコンおよびスーパーファミコン互換機、32mbのカセットに対応、また今冬にリリース予定。フォックスバットは国内向けのティーザーサイトも公開されており、日本での展開にも期待ができそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog