初代『Diablo』のダンジョンがプレイ可能になる『Diablo 3』のパッチ2.4.3が配信開始、日本語版のトレイラーも解禁

Blizzardは、『Diablo 3』のパッチ2.4.3の配信をAmericasサーバー向けに開始した。他地域や国内で販売されている日本語版にも順次リリースされる見込み。同パッチの概要を解説するトレイラーも公開されている。

パッチ2.4.3の目玉となるのは昨年のイベント「BlizzCon 2016」にて実装されることが発表された初代『Diablo』のダンジョンだ。プレイヤーはAdventure ModeのSanctuaryに登場する魔女Adriaの邪教徒たちを倒し書巻を手に入れポータルへ入ることで、かつて初代『Diablo』の舞台だったTristrumの全16ステージへとアクセスすることができるようになる。

ポータルから移動した後の旧Tristrumでは画面全体にピクセル調のフィルタがかかりサウンドもチープに。カメラ視点やアニメーションが変更されるほか、ダッシュ不可や8方向移動(敵味方含む)といった初代に近いプレイフィールを促す調整が加えられる。ただしダンジョンやユニットには『Diablo 3』のアセットが使用されているので、グラフィックはハイクオリティだ。

スポンサーリンク

なお今回の20周年記念イベントは1月のあいだのみ開催されるイベントとされている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog