SFC向け新作格闘ゲーム『ザ・ダークネス・ハンター -アンホーリーナイト-』が国内でも発売決定、リリース時期は2017年3月末に

3/22 読者アンケートのプレゼント当選者さまにSteamキーをお送りしました。みなさまのご協力に感謝申し上げます。

NU-GAIA COMAPANYは、スーパーファミコン向けの新作格闘ゲーム『ザ・ダークネス・ハンター -アンホーリーナイト-』を国内でもリリースすると発表した。対象機種はSFCのほかSFC互換機、発売時期は2017年3月末が予定されている。価格は未定とされているが、Facebookでの発表によれば4980円となっているようだ。

『ザ・ダークネス・ハンター』は32Mbカートリッジにて動作するSFC向けタイトルで、昨年12月の香港レトロゲーム博覧会に展示されたことでその存在が明るみにでた(参考記事)。人間を害する魔物「ダークネス」と、それを狩る「ハンター」が争いを繰り広げる世界観をベースとした、オーソドックスな2D格闘ゲームとなっている。

今回の国内発売では触れられていないが、香港での発表時には開発に『月華の剣士』『サムライスピリッツ』『風雲スーパータッグバトル』『THE KING OF FIGHTERS』シリーズ(『KOF98』『KOF2001』『KOF2002』)に携わった元SNKスタッフが参加していることが明らかにされていた。対戦モードだけでなくストーリーモードが用意されていたり、オーソドックスな格闘ゲームながらも各種キャンセルやチェーンコンボが搭載されているなど、作り込まれた作品であることを予感させてくれる。

スポンサーリンク

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog