【UPDATE】プラチナゲームズの新作Co-opアクションRPG『Scalebound』が開発中止に、Microsoftが公式声明

【UPDATE 2017/1/11 17:30】
プラチナゲームズも公式サイトにて『Scalebound』の開発中止を発表し、今後発売される『NieR:Automata』や『GRANBLUE FANTASY Project Re:Link』、『LOST ORDER』といったタイトルの開発に全力を尽くしていくとコメントしている。

これを受けて本作のディレクターを務めていた神谷英樹氏もTwitter上で開発中止について報告している。神谷氏は「大変残念な結果となってしまいました。発売を待ってくれていたユーザーの皆さんには、申し訳ないという言葉しかありません。本当にごめんなさい」と謝罪し、今後これまで以上にゲーム作りに励んでいくとコメントしている。なお、海外では健康面の不安により休暇を取っているとの情報が流れていたが、神谷氏はその噂を一蹴している

スポンサーリンク

Microsoftは新作Co-opアクションRPG『Scalebound』の開発を中止したと発表した。公式サイトにて伝えられたもので、慎重な協議の結果決断されたという。プラチナゲームズが『Scalebound』のIPを保有しているのか、同社が単独で今後も開発を進めるのかなどは明らかにされていない。

海外では、EurogamerKotakuが複数の情報筋から証言を得て、「『Scalebound』の開発でトラブルが発生した」と報じていたばかり。その直後にMicrosoftが同作の開発中止を認めた形だ。Eurogamerは特に詳しい情報を伝えており、昨年8月の「gamescom 2016」以降は両社の関係が劇的に悪化していたこと、シニアレベルのメンバーらが膨大な同プロジェクトの仕事量により秋頃に1か月ほど仕事から離れることを余儀なくされ進行が遅れたこと、結果として計画のデッドラインを超えてしまったことが伝えられている。また同作はゲームエンジンに関する問題も抱えていたという。

【UPDATE 2017/01/10 11:45】 シニアメンバーの記述において、より原文に近い表現となるよう本文を一部加筆・修正しました。

『Scalebound』はE3 2014にて正式発表されたWindows 10/Xbox One向けタイトル。プラチナゲームズらしい3Dアクションを軸に据えながらも、装備品の売買やドラゴンのカスタマイズといったRPG要素や、最大4人でプレイ可能なCo-op要素も特徴とされていた。

スポンサーリンク

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog