SteamのPC版『テイルズ オブ ベルセリア』は60FPS+4Kサポートに対応、キーコンフィグも充実。Denuvoも導入へ

3/22 読者アンケートのプレゼント当選者さまにSteamキーをお送りしました。みなさまのご協力に感謝申し上げます。

バンダイナムコエンターテインメント ヨーロッパのコミュニティマネージャーKimundi氏は、PC(Steam)版『テイルズ オブ ベルセリア(以下、ベルセリア)』に関する情報を公開した

氏によると、Steam版『ベルセリア』はデフォルトで60fpsにて動作し、解像度は4Kまでサポート(4K解像度のみアップスケーリング)、アンチエイリアスなども細かくカスタムできるようだ。ほかにも幅広い操作に対応するためキーコンフィグが実装され、低スペックユーザー向けには30FPSで動作するモードが存在するなど、さまざまなオプションが充実している。またSteam版『ベルセリア』は不正コピー防止のためにDenuvoを導入していることも明かしている。

908edf2257733198034b1b758d4719ff62fed9d0
グラフィックの設定画面
4d7ed9fbb7bc84a0e101bc5f6ed3aaf6d921d5b2
フレームレートや描写距離も変更可能

スポンサーリンク

『テイルズ』シリーズはバンダイナムコエンターテインメントから発売されているRPGシリーズ。20年以上続くフランチャイズであり、コンソール機では国内外で高い人気を集めている。そうした背景がある一方で、以前にSteamにて発売された『テイルズ オブ ゼスティリア』や『テイルズ オブ シンフォニア』は解像度が変更できずFPSが30で固定されているなど最適化の不足が指摘されていた。これらの2作では、Mod製作者がリリースしたパッチによって最適化がはかられたこともあった。こうした反響もあってか『ベルセリア』では“公式に”最適化されており、さまざまなサポートが用意されている。

Steam版『テイルズ オブ ベルセリア』は1月27日に発売予定だが、日本国内からはストアページにアクセスできず購入はできない状態となっている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog