SNKの女性キャラクターによるタッグバトル『SNKヒロインズ Tag Team Frenzy』発表。ニンテンドースイッチ向けに今夏発売

【UPDATE 2018/1/12 11:40】
『SNKヒロインズ Tag Team Frenzy』はニンテンドースイッチに加えて、PlayStation 4でも発売されるようだ。SNKが同作の公式サイトを公開しており、対応プラットフォームとしてPlayStation 4が表記されている。

【原文 2018/1/11 0:44】
SNKは1月11日、『SNKヒロインズ Tag Team Frenzy』をNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けに発表した。2018年夏発売予定。本作は、SNKタイトルに登場する歴代人気ヒロインたちが戦う、最大4人で戦う対戦格闘ゲームだ。なお、海外ではPlayStation 4向けにも発表されており、国内向けにも近くアナウンスがあるかもしれない。

スポンサーリンク

任天堂が同日公開したNintendo Direct miniの中で紹介された映像では、「麻宮アテナ」「クーラ・ダイアモンド」「不知火 舞」「レオナ・ハイデルン」「ユリ・サカザキ」といった、『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズなどでもおなじみの女性キャラクターが登場しており、2対2のタッグマッチを繰り広げている。

それぞれのチームは前に出て戦う「アタッカー」と、後衛の「サポーター」に分かれており、対戦中に特定の条件を満たすことでさまざまなアイテムを獲得できる。サポーターはそのアイテムを駆使して、味方のアタッカーを援護したり、対戦相手の妨害をおこなことができるという。映像では大きなタライが落ちてきて相手にダメージを与えている。

ゲームプレイでの技の入力は、従来のコマンド式ではなくボタンのみ、あるいはボタンと十字キーの組み合わせで出せる、初心者にもやさしい簡単操作を採用している。また、通常の対戦格闘ゲームでは相手の体力をゼロにした時点で勝利だが、本作はそれだけでは決着が着かない。相手の体力が残りわずかである赤ゲージまで減った後、超必殺技の「ドリームフィニッシュ」をヒットさせてはじめて勝利になるシステムである。たとえピンチに陥っても、相手のドリームフィニッシュをうまくかわせれば挽回のチャンスも見込めそうだ。

各キャラクターはコスチュームやアクセサリー、ボイスなどを自分好みにカスタマイズ可能。それらのアイテムは、ゲームプレイを通じて入手できるゲーム内通貨で購入することができる。またポーズや目線、背景やスタンプを設定して、自らのキャラクターのお気に入り写真を撮影する機能も用意されている。ゲームでは、タッグを組むキャラクターによってシナリオが変化するそうで、さまざまな組み合わせを楽しめそうだ。またSNKタイトルには、まだほかにも人気のある女性キャラクターがいるため、追加キャラクターの情報にも期待が集まる。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog