Nintendo Switchでは、ほかのどのゲーム機にもない触覚体験を提供。任天堂がImmersionとTouchSense技術について契約締結

アメリカImmersion社は1月13日、同社のTouchSense技術に関して任天堂と複数年のライセンス契約を締結したと発表した。これによってNintendo Switch向けにゲームを開発するメーカーは、同社が提供するTouchSenseソフトウェアの利用が可能になる。

TouchSenseは振動機能をコントロールする技術で、これによって爆発などのエフェクトや物体の移動、また素材の感触やナビゲート用振動など、さまざまな感覚をユーザーの触覚にリアルに伝えることができる。この技術はスマートフォンをはじめ、車や医療機器などさまざまな製品に搭載されている。

スポンサーリンク

今回の発表の中でImmersionは、Nintendo Switchのどの部分に同技術を活かせる振動デバイスが内蔵されているのか具体的には言及していないが、プレイヤーに没入感のあるタッチ操作を提供するとし、その触覚を通した体験はほかのどのゲーム機にもないものだとしている。Nintendo Switch本体には、6.2インチの静電容量方式タッチスクリーンが搭載されており、これを利用したゲームをプレイする際に、リアルな振動を発生させるのかもしれない。ただ、Nintendo Switch本体の仕様を見ても、振動デバイスが内蔵されているという記述はない。

001一方、任天堂が先日の「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」で発表したもののひとつが、Nintendo SwitchのコントローラーJoy-Conに搭載される“バリエーション豊かな振動表現が可能”という「HD振動」機能だ。任天堂はバーチャルのコップに投入する氷や水の様子、さらにその氷の数までをも手で感じることができるとアピールしていた。この特徴を聞く限りはTouchSense技術が提供するものに似ているが、今回のImmersionの発表では上述したように具体的な関連は確認できない。今のところ任天堂はこのHD振動について、本体からJoy-Conを取り外したテーブルモード時のゲームプレイでデモンストレーションしているが、もしかすると本体に取り付けた携帯モード時でも利用可能で、タッチスクリーンとも連動して機能するのかもしれない。いずれにせよ、これまでにないリアルな触覚体験を提供する点については変わりない。今後これを利用してどのようなゲームが生まれるのか楽しみにしたい。

ちなみに、このHD振動にはアルプス電気の振動フィードバックデバイス「ハプティック リアクタ」が利用されているのではないかと噂されている。ゲームコントローラー用を想定しており、低周波と高周波の2種類の共振モードを組み合わせて、複雑で多彩な振動パターンを生み出すことができるという。CEATEC JAPAN 2016への出展では、興味深いことにコップ状のデバイスに組み込んで、コップに水を注いでいる感覚を手に伝えるデモをおこなっていた。これはまさしく任天堂がJoy-ConのHD振動の機能として披露したものと同じだ。アルプス電気はこれまでにも任天堂に振動デバイスを供給しており、またアルプス電気は触覚フィードバック製品の開発において、ImmersionからTouchSense技術の提供を受けている。

スポンサーリンク

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog