女子高生がパンツに変身するフルボイスアクション『Panty Party』配信開始。全てのパンツを平等に愛せ

女子高生がパンツに変身し、パンツ愛を強要する悪の組織と戦う3Dアクション『Panty Party』が1月24日リリースされた。開発を担当したAnimu Gamesは台湾のインディーデベロッパーだが、日本語のみ声優陣によるフルボイスでの吹替に対応している。対象プラットフォームはPC(Steam)。定価は980円、2月1日までは10%オフの882円で販売されている。

スポンサーリンク

悪の親玉「パンジ」が望むのは、個人の好みに左右されず、全てのパンツが平等に愛される世界。彼に洗脳されると人類はパンツしか愛せなくなるという。だがパンツ愛は本来強要されるものではなく、自発的に湧き出るもの。パンツに変身する力を得た「愛の戦士」夢理花はパンツ仲間と共に「パンジ」の洗脳計画を阻止すべく死闘を繰り広げる。

肌の露出やパンチラを売りにするゲームは多い。スクリーンショットでゲーム内にパンチラシーンがあることをアピールするゲームも存在する。だが単体としてのパンツに焦点が当てられた作品は稀だろう。立ち絵イラストと吹替ボイスで描かれるシナリオ部分には随所にパンツネタが散りばめられており、最後までパンツ一本、いやパンツ一枚で突き通すのだという気概を感じ取れる。

pantyparty-001

キャラクターたちの頭の中はパンツ一色
キャラクターたちの頭の中はパンツ一色

アクションパートは三人称視点での操作となる。プレイヤーはダッシュ、ジャンプ、左右への回避、近接技と長距離射撃の組み合わせからなる3種類の攻撃、「情熱」ゲージを溜めることで発動する必殺技を駆使して敵対するパンツを撃退する。なおジャンプボタンを押し続けると、ひらりひらりと宙をホバリングする。

全20ステージからなるストーリーモードのクリア自体は簡単である。ただし新しい操作パンツのアンロック条件である「ノー・デスクリア」「一定時間内でのクリア」を満たすには、遮蔽物を有効活用する立ち回りや、手持ち技のコンビネーションを考えた戦闘が求められる。なおマップ内に設置された洗濯機は敵パンツのスポーンポイントとなっているため、長期戦を避けたければ先に破壊しておこう。

pantyparty-003

操作パンツは17種類用意されており、それぞれ武器と必殺技の種類が異なる。たとえば初期パンツのコンビネーションは近接攻撃、ビーム弾、ブーメラン投げであるのに対し、セーラーパンツは魚雷、小型戦隊、艦砲の3つを操る。くまパンツ(特典版)であればベア・ボクシング、マシンガン、手榴弾といった具合だ。

敵も味方もパンツとなれば、戦闘はどうしても地味になってしまう。だがデベロッパーのAnimu Gamesはここで躓かず、パンツごとに異なる攻撃オプションを与えることで問題の打破を試みている。あとはパンツの柄が全体的にソフトであり、大人向けのパンツが揃えられていない点がプレイヤーの好みに合うかだろう。

アーケードモードでは5連戦を勝ち抜くことで特別なシナリオシーンを閲覧できる
アーケードモードでは5連戦を勝ち抜くことで特別なシナリオシーンを閲覧できる

人気のないパンツが「種類にこだわらず、すべてのパンツに対する平等な愛」を求める姿は儚い。だが彼らの主張は下着単体としての価値に固執している。『Panty Party』もそれを理解しており、「重要なのは穿く人よ、パンツじゃない」「守るべきお尻を失った、俺もただの普通のパンツだ」と最終的にはパンツを穿く人間への愛に回帰していく。パンツ好きなプレイヤーであれば、自分はパンツそのものを愛しているのか、パンツを穿くお尻を愛しているのか、考えさせられる……かもしれない。

スポンサーリンク

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog