『FEZ』がitch.ioで期間限定販売。売上はトランプ大統領の移民規制に抗議する米国自由人権協会へ全額寄付

カナダのインディーデベロッパーPolytronは2月1日、パズルアクションゲーム『FEZ』のWindows/Mac/Linux版をitch.ioで販売開始した。2月6日までの期間限定だとしている。

itch.ioはPWYW(Pay What You Want)方式を採用しており、購入者は好きな金額を入力してゲームを購入する。最低金額は販売者によって設定され、今回の『FEZ』は0.01ドル以上で購入することができる(手数料がかかるので実際は50セント、約56円以上)。

スポンサーリンク

 

For the first time, and until Feb 6th, FEZ is pay-what-you-can. All proceeds go to the @ACLU foundation. https://t.co/2wuWHyVD2P #RESIST pic.twitter.com/Z3QucyCFWm

— Polytron (@Polytron) 2017年1月31日

Polytronは、今回のitch.ioでの売り上げはACLU(米国自由人権協会)に全額寄付すると宣言しており、そのツイートには「#RESIST(抵抗しよう)」というハッシュタグが付けられている。ACLUは、昨今話題になっているドナルド・トランプ米国大統領が署名したイスラム圏7か国からの入国を一時禁止するなどの大統領令に関して、連邦裁判所に差し止めを訴えるなどの人権活動をおこなっている。そしてハッシュタグ「#RESIST」は、トランプ大統領に抗議する際によく使われているものだ。ACLUへの寄付は、今回の移民規制をきっかけに企業や著名人が呼びかけるなどしている。Polytronもツイートで「PWYW」ではなく「Pay What You Can」と寄付を呼びかける際に使われる表現をしており、ACLUの活動への支持を表明するためにitch.ioでの『FEZ』の販売に踏み切ったと思われる。

『FEZ』はPhil FishことPhilippe Poisson氏らが手がけ、2012年にXbox 360で発売。のちにPCやPlayStation 4などにも移植された。これまでに100万本以上を売り上げており、数々の賞を受賞するなど高く評価されている作品だ。プレイヤーは、金色に輝くキューブと出会って二次元の世界が三次元の世界であることに気づいた「ゴメス」を操作し、世界中に飛び散ってしまったキューブのかけらを集めて世界の崩壊を防がなければならない。二次元のマップを三次元的に回転させるギミックが特徴となっている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog