『Conan Exiles』陰茎調整と性器物理に見る常識という名の没入感、乳揺ればかりがリアルじゃない

先月末にSteamで早期アクセス販売が始まったオープンワールドサバイバル『Conan Exiles』が、ゲームと直接的に関係のない部分で大いに脚光を浴びている。同作はキャラクターエディットに男性器の大きさを調整できるスライダーを備えていることに加えて、男性キャラクターの陰茎と睾丸はジャンプしたりしゃがんだりするたびに、Unreal Engine 4の物理演算によって実際に揺れる。これまでペニスの造形に注力した作品やクリエイターは数あれど、物理法則に従って縦横無尽に動かした性器フィジクスはほとんど類を見ない。また、ゲームの歴史において人々が長きにわたって振動のリアリティを追求してきたのは女性キャラクターの乳房であり、男性器のダイナミックな表現は常におざなりにされてきた。陰茎を揺らす物理演算に満ちた“常識という名の没入感”を紐解いていく。

 

陰茎スライダーがゲームの代名詞になるほど

『Conan Exiles』は、作家ロバート・E・ハワードによる1932年のヒロイック・ファンタジー小説「英雄コナン」(原題: Conan the Barbarian)の世界観を描いたオープンワールドのサバイバルゲーム。先月31日にSteamにてPC向けの早期アクセス販売を開始してから、同プラットフォームの売り上げ上位に常時ランクインしている。ピーク時の同時接続プレイヤー数が5万人を超える人気は、想定外の反響に公式サーバーが一時的に稼働を停止するほど。今春からはXbox One向けにも早期アクセスにあたるGame Preview版の発売を予定しているほか、将来的にはPlayStation 4でのリリースも計画されている。

これまで3度の実写映画化と今回で2度目のゲーム化による原作の人気や話題性もさることながら、発売後にソーシャルネットワークや海外メディアを中心にもっとも脚光を浴びたのは、キャラクターエディットで男性器の大きさを自由に調整できる「Endowment」スライダーの存在と、陰茎と睾丸を物理法則に従って縦横無尽に揺らしてくれる性器フィジクスの偉大さだろう。PC Gamerのベテラン記者Christopher Livingston氏がTwitterに投稿したGIFアニメを発端に、YouTubeの著名フラッシュアニメ制作者Weebl氏が作品のネタにするほど話題性に火がついた。Livingston氏はその感動を記事にすると共に、今後プレイヤーの上着はクラフトしても下着は絶対に身に着けないという縛りプレイを宣言している。

これまで子孫繁栄や五穀豊穣の象徴としてペニスの造形に根を詰めるクリエイターやMod制作者は数あれど、勃起した陰茎もしくは類似の形状をしたオブジェを指す「ファルス」を、Unreal Engine 4の物理演算によってこれほどまでに荒々しくダイナミックに揺らしたゲーム作品は、肉体と性別の概念を超越した外性器による集団肛門性交を描く『Genital Jousting』を除いて、ほとんど類を見ないのではないだろうか。ちなみに、同じ全裸サバイバルゲームの代名詞『Rust』では、陰茎の大きさがプレイヤーのSteamIDに応じて変動するという機能が存在している。こちらは男性的なエゴや権威のサイズが運命によって決められるというリアリティに満ちた非情のゲームシステムに加えて、後に性別までもランダムに決定される仕様に変更された。

 

女性のおっぱいばかりが揺れてきた歴史

乳揺れ産業は物理演算に革新をもたらした

それでは実際にゲーム内で男性器が揺れることは重要なのだろうか。これはトイレットペーパーの先端部分がどちら向きに設置されるべきかという議論が半世紀以上にわたって続けられ、『Fallout 4』においてトイレットペーパーの向きを変更するだけのModがコミュニティ内で高く評価されるのと同様に、極めて重要な問題である。それこそがプレイヤーにとってのリアリティを追体験するための“常識という名の没入感”に他ならないからだ。少なくとも筆者の経験上、現実に揺れない男性器は見たことがない。一方で、ゲーム画面がまだドット絵で描かれていた時代からVRポルノが普及する現代まで、女性キャラクターのおっぱいは常に揺れてきた。ゲーム開発者たちは二組の脂肪の塊を動的に再現することに人生をかけてきた。それなのに男性器は常におざなりにされてきたのだ。

以前、「これなしでは生きていけないベストMod 5選 Skyrim SE編」を紹介した際に、通常サイズの陰茎に加えて「こんなの絶対入らない」と思える大艦巨砲主義のオプションを備えた男性キャラクター向け全裸Modを、筆者は高く評価した。しかもアップデートファイルにより常時勃起した状態にもできる。しかし、『Skyrim』が採用しているミドルウェア「Havok Physics」の適応範囲がデフォルトの仕様では一部に限定されているために、ジャンプした際にひらひらミニスカートが豪快にめくれたり、激しいアクションの中でおっぱいが揺れたりといった挙動はもちろん、生殖と豊穣を司るギリシア神話の守護神プリアーポスに引けを取らない巨根も微動だにしなかったのだ。乳揺れはスクリプト拡張ツールと物理演算用のプラグインの導入で実現できるものの、これまで同作で陰茎を揺らしたクリエイターはおそらくいない。それを『Conan Exiles』はやってのけた。

オープンワールドの醍醐味は自分のアバターを仮想空間の箱庭で自由に遊ばせることでもある。もしかしたら『Rust』のサバイバルゲームに身を投じた男性プレイヤーの中には、自分のSteamIDが割り当てたナニの大きさが実際のサイズにマッチせず肩を落とした者もいるかもしれない。おっぱいばかりをやけに荒々しく揺らそうとする巨乳至上主義に満ちた今日のトレンドに反骨精神を宿したクリエイターもいるかもしれない。『Conan Exiles』はまだ早期アクセスの段階であるにも関わらず、 乳揺れ崇拝に地位を奪われていた平等な性器フィジクスを“Endowment”(天賦の才能や素質という意味)という形で復権させた。Unreal Engine 4の性能を最大限に発揮することで、象徴的ファルスが持つ荒々しい神の恵みをダイナミックに表現することに成功したと言える。それは偉大な事実である。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog