『DARK SOULS II』ドラングレイグ再訪。2月25日より一斉にプレイを再開するファン企画が海外にて始動

3/22 読者アンケートのプレゼント当選者さまにSteamキーをお送りしました。みなさまのご協力に感謝申し上げます。

『DARK SOULS II』のプレイヤーみんなで新規キャラクターを作成し、ドラングレイグの世界を再活性化させようというファン主催イベント「Return to Drangleic」が海外にて2月25日から3月11日にかけて開催される。イベント期間中はマルチプレイが盛んになるよう、Co-opおよびPvPには積極的に参加すること、「SCHOLAR OF THE FIRST SIN」版を推奨することなど、イベント概要にはいくつかのお願いごとが記載されている。イベント参加者同士でマッチングするよう、名を刻む指輪を「カル・マル神」を選択した上で装着することも忘れてはならない。

主催者のillusorywall氏は、『Dark Souls』シリーズの製品版からカットされたコンテンツを分析したり、マップ外に配置された謎のオブジェクトについて解説するなど、一部ファンの間では有名な人物である。彼のブログには「開閉可能な仕様のドアが、侵入不可域に設置されている」「なぜか大樹のうつろのマップ外にバシリスクが配置されている」など興味深い考察が多い。

スポンサーリンク

『Demon’s Souls』と『Dark Souls』では、これまでにも趣旨を同じくしたイベントが開催されてきた。昨年6月には初代『Dark Souls』ファンの間で「Global Restart Day」が実施され、同年10月には年次企画として「Return to Lordran」企画が誕生した。今回の「Return to Drangleic」についても年次イベント化を念頭に置いているという。

『Bloodborne』についても、illusorywall氏により同様の企画が検討されているが、同作の発売2周年を迎える3月末には『Dark Souls III』のDLC第2弾「The Ringed City」が配信されることもあり、開催日時については議論が続いている。

『DARK SOULS II』はシリーズの中でもひときわ賛否両論が目立つ作品だが、豊富な武器・防具バリエーションによるPvP、闘技場(死合)などを評価する声もある。今回の企画は、『Dark Souls III』の最新DLCが配信される前に、今一度ドラングレイグの世界を再訪する良い機会となるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog