【UPDATE】非公式『バイオ2』リメイクで知られるInvader Studios新作『Daymare: 1998』のKickstarterが始動。岡本吉起氏など元カプコンのスタッフも複数参加

【UPDATE 2017/02/20 16:10】 『Daymare: 1998』のKickstarterゴールについて変更が発表された。以前は30万ユーロにより実現するとされていたPS4/Xbox One版のリリースは、初期ゴール達成(18万ユーロ)により実現するとのこと。そのほか固定カメラモードが追加されるという。Kickstarterのキャンペーンは順調であるが、さらに勢いをつけるためにテコ入れをはかった形だ。

【原文 2017/02/16 07:28】 Invader Studiosは、Kickstarterにて『Daymare: 1998』のクラウドファンディングキャンペーンを開始した。さまざまな情報が解禁されるとともに、カプコンで『バイオハザード』シリーズに携わったスタッフが複数名参加していることも明かされている。

スポンサーリンク

Invader Studiosは以前、『バイオハザード CODE:Veronica』でモンスターデザインを手がけた中井覚氏が開発に参加していることが発表していた。今回のKickstarterキャンペーンでは中井氏に加えて、『バイオハザード 3』でディレクターをつとめていた青山和弘氏と、アソシエイトプロデューサーとしてカプコン在籍時には多くの作品に携わり、退社後もさまざまなゲームタイトルの作曲を手がける海田明里氏がストレッチゴール達成後に参加することが明かされている。

ほかにも『バイオハザード』の開発にシナリオライターとして参加した岩尾賢一や、カプコンで大型タイトルをプロデュースし、退社後は『モンスターストライク』の生み親として知られる岡本吉起氏が、アドバイザーとして参加しているようだ。また『メタルギアソリッド』や『サイレントヒル』シリーズの英訳を担当しているJeremy Blaustein氏もスタッフリストに名を連ねている。

『Daymare: 1998』は非公式に『バイオハザード2』リメイクを作っていたイタリアのスタジオInvader Studiosが開発する完全新作のサバイバルホラーゲームだ。Invader Studiosは昨年『バイオハザード2』非公式リメイクの制作を中止し、新規IPである『Daymare: 1998』の開発をスタートした。『バイオハザード』を含むさまざまなホラーコンテンツが流行した1990年代に回帰するというテーマをかかげて開発が進められているという。“怖い”だけでなく、ザコ敵を倒すのに困難だったり、リソースが限られていたりするなど、高い難易度の作品を目指して開発されているとのこと。ゲーム開発にはUnreal Engine 4が採用されており、「古さと新しさ」の両方を持つタイトルになりそうだ。

Kickstarterゴールは18万ユーロ(約2000万円)。30万ユーロまで到達すれば、PlayStation 4とXbox One向けにもリリースされる予定となっている。

カプコン本社に呼ばれスタッフと会談したことをきっかけに始まったという『Daymare: 1998』。“本家”カプコンが手がけた『バイオハザード7 レジデント イービル』が高い評価を得ているなか、同シリーズの源流から影響を受けた『Daymare: 1998』が成功するのかどうか、続報に期待したい。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog