宇宙コロニー運営シミュレーション『Oxygen Not Included』アルファ版がSteamで配信開始。「Don’t Strave」開発元Kleiの最新作

3/22 読者アンケートのプレゼント当選者さまにSteamキーをお送りしました。みなさまのご協力に感謝申し上げます。

『Don’t Strave』の開発元として知られるKlei Entertainmentは、アルファ版『Oxygen Not Included』の配信をSteamにて開始した。現在の価格は1980円で、開発の進捗に合わせ上昇していく見込みだ。なお今回配信が開始されたアルファ版は、早期アクセス版へ本格移行する前のバージョンとして販売されているので、購入者はその点を留意しておこう。

2016年6月に正式発表された『Oxygen Not Included』は、入植者たちを管理して未開の惑星の地下に宇宙コロニーを築き上げるシミュレーションゲーム。プレイヤーは水や温度、食料や酸素などに気を配りながら、彼らに採掘や建築、施設の維持といった仕事を割り振っていく(参考記事)。

スポンサーリンク

※昨年6月に公開されたティーザー映像

Klei Entertainmentによれば、今回配信が開始されたアルファ版は、すでに十分楽しめるようなレベルで動作しているとのこと。また確約はされていないものの、4週間から6週間に一度の頻度でアップデートを実施する予定だと伝えている。

今後の開発ロードマップでは「温度」に関する追加要素がまず挙げられており、温度に影響を与える要素をさらに繊細に調整し、それらの事態に対処できるツールが追加されるようだ。このほか「水」「肥料」「土」に関する持続的なシステムを構築するための新たな手段や、入植者たちの「ストレス」に関するシステムの改善・拡張、新たなバイオームやクリーチャーの追加などが今後想定されている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog