『シェンムー』HDリマスター版が今年中にも発売か、過去2作をまとめてSteamで復刻するとの噂

『シェンムー』シリーズのHDリマスター版が、2017年内にSteamでPC向けに発売されるのではないかと一部で報道されている。過去に『The King of Fighters XIV』の発売を事前に予告した内通者による情報で、『シェンムーIII』のリリースを前に過去2作品をセットにした復刻版の発売が予定されているという内容だ。あくまでも憶測の域を出ないが、先日にはSEGA EuropeがHDリマスターを示唆する複数のドメインを取得していた事実が判明したことからも、今回の情報が完全な眉唾ものであるとは言い切れない。

 

スポンサーリンク

ゲーム内のライセンス商品が復刻の課題

『シェンムー』は、1999年にセガ(現セガゲームス)からドリームキャスト向けに発売されたアクションアドベンチャーゲーム(ジャンルの正式名称はFull Reactive Eyes Entertainment、通称FREE)。『バーチャファイター』シリーズで社会現象を巻き起こした鈴木裕氏が総監督を務め、ハリウッドをはじめとした多種多様な業界から人材を起用した空前絶後のプロジェクトとして、一世を風靡(ふうび)した。特にオープンワールドの先駆けともいえる斬新かつ能動的なゲームデザインが海外で高く評価された。また、開発費用に当時としては世界最高額の70億円を投じたことで、ギネス世界記録に登録されたこともある。現在、独立した鈴木氏が16年ぶりとなる続編『シェンムーIII』の開発を進めている。

日本産ゲームや同人作品を扱う英国のオンライン小売店Rice Digitalによると、“Atlus USAに顔が利き信頼できるソース”の情報から、『Shenmue HD Remaster』が今年中にリリースされることが明らかになったとのこと。『シェンムー』と『シェンムーII』を1本にまとめた復刻版で、2018年にずれ込むであろう『シェンムーIII』の発売を前に、SteamにてPC向けにリリースされる可能性が高いという。情報提供元が伏せられている以上あくまで憶測の域を出ないが、同記事の筆者は過去にも同様のソースから『The King of Fighters XIV』の発売を公式アナウンスの数日前に報じたこともある。

16年ぶりとなる続編もいよいよ本制作へ

こうした報道が一部で加熱する背景には、これまで幾度となくHDリマスター版『シェンムー』の可能性やヒントがささやかれてきた経緯がある。さかのぼること2010年、Xbox 360の開発者向けネットワークPartnerNetで、リマスター版『シェンムーII』の情報が見つかったと言われている。また、シリーズ生みの親である鈴木氏も、以前から初代『シェンムー』と『シェンムーII』をHDリマスター版で復刻することに意欲を示しており、IPを所有するセガゲームスにアピールする姿勢を見せたことがある。

昨年には、SEGA Europeの週刊動画コンテンツ「SEGA Central」の中で、コミュニティマネージャーを務めるDan Sheridan氏が、実現に向けた課題に言及。同作にはCoca-ColaやTIMEXといったライセンス商品が数多く登場しており、契約上の関係で原作をそのまま復刻するのは容易ではないとコメントしていた。その上で、シリーズのHDリマスター化に強い意欲を示しており、実現に向けた方法を模索していることを明かした。その後、同社が『シェンムー』のHDリマスターを示唆する複数のドメインを取得していた事実が、ドメイン検索ツールの記録から判明している。もし今回の噂が真実なら、近日中にも正式な発表があることを期待したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog