遊園地経営シミュレーション『Planet Coaster』に日本語が追加。実績やバグ報告画面も日本語表示のフルサポート

Frontier Developmentsは、同社の手がける遊園地経営シミュレーションゲーム『Planet Coaster』のアップデートをおこない、日本語を含んだ複数の言語を、新たに設定言語として追加した。追加された言語は中国語、韓国語、そして日本語。中国語と韓国語は以前から追加することが告知されていたが、日本語はサプライズでの実装となった。

Steamストアの説明文も日本語で表示されている。

早速日本語になった『Planet Coaster』をプレイしてみたが、アトラクションやオブジェクトの説明など自然な日本語でローカライズされている印象を受けた。ほかにも『Planet Coaster』において重要なアトラクションの細やかなカスタマイズや経営方針を設定する際に読まなければいけないテキストも、丁寧に翻訳されている。またゲームだけでなく、クラッシュした際のレポート画面や実績もすべて日本語で表示され、フルサポートといっていいほど完成度の高いローカライズがなされている。

スポンサーリンク

Steamにおいて、日本語で『Planet Coaster』をプレイする手順としては、Steamライブラリに並んでいる『Planet Coaster』を右クリックし、プロパティを表示する。プロパティの上部には複数のタブがあるので、そのなかの言語タブから日本語を選択し、ゲームを起動すれば日本語でのプレイが楽しめる。

『Planet Coaster』はこれまで、いわゆる有志翻訳が用意されており、英語が苦手な日本人でもプレイすることができた。今回の日本語の導入により、さらに高品質かつ包括的な言語サポートを正式に受けられるようになった。「ビッグサンダーマウンテン」のようなものから「FUJIYAMA」のようなものまで作成できる、ジェットコースター作成ゲームとしても高い評価を受ける『Planet Coaster』を、ぜひ母国語で楽しんでほしい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog