サイコキラーの館から子供たちを助け出す『2Dark』Steamで発売開始。『Alone in the Dark』開発者によるステルス・ホラーアドベンチャー

Bigben Interactiveは3月10日、Gloomywoodが開発した『2Dark』を発売した。プラットフォームはSteamで、価格は2480円(3月18日までは1984円)。海外ではPlayStation 4/Xbox One向けにもリリースされている。本作は、1992年に発売されたサバイバルホラーゲームの名作『Alone in the Dark』のクリエイターとして知られるFrédérick Raynal氏が手がけたステルス・ホラーアドベンチャーゲームだ。

スポンサーリンク

本作の主人公で元警官のスミスは、妻と二人の子供とともにキャンプをしていたところ、ある事件に巻き込まれる。何者かに妻は惨殺され、息子と娘は誘拐されてしまう。子供たちの行方を探し続けて7年が経ったある日、スミスはようやく手がかりを掴み、Gloomywoodと呼ばれる街にある館へと向かう。そこは何十人もの誘拐された子供たちが閉じ込められている、サイコキラーたちのアジトだった。

ゲームは見下ろし型視点で進む。一見2Dのようだが、細かいボクセルで描かれる3Dグラフィックだ。館に忍び込んだプレイヤーは、ひとつひとつ部屋を調べて子供たちを捜す。ステルスゲームである本作では、光と影を利用して敵の目を盗みながら慎重に行動することが重要になる。また足音が立つためこちらにも気を配りたいが、足音を利用することで敵をおびき寄せたり、逆に暗闇で敵の位置を知るために役立つこともある。道中ではさまざまな武器やアイテムも登場する。懐中電灯の電池も弾丸も、すべて数が限られているため使い所には注意したい。

館の中にはスミスの子供たち以外にも、大勢の幼い子供が捕われている。そういった子供たちを見つけては安全な場所まで連れて行くことが各ステージの目標となる。何人もの子供たちを連れて歩きながらのステルスプレイはかなり難易度が高そうだが、グズグズしていると子供たちは怖がって泣き出したりしてしまい、状況は俄然厳しいものになっていく。そうやって館を隅々まで調査して子供たちを救出し、誘拐犯のサイコキラーたちのおぞましい陰謀を暴くのだ。

海外ではアートブックなどが同梱された限定パッケージも発売されている

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog