『ゼルダの伝説 時のオカリナ』最速クリア記録更新、タイムは17分9秒。発売から19年塗り替えられ続ける記録

NINTENDO 64にて発売された『ゼルダの伝説 時のオカリナ(以下、時のオカリナ)』の最速クリア記録が新たに塗り替えられた。タイムは17分9秒。記録の保持者となったのはノルウェー出身のプレイヤーTorje氏。氏は以前から『時のオカリナ』のスピードラン(RTA)に取り組み続けており、3か月前に樹立した自身の世界記録を書き換えることとなった。

『時のオカリナ』は長らくRTAタイトルとして親しまれている作品だ。『時のオカリナ』におけるRTAは、バグの不使用クリアや100%クリアなどかなり細かくジャンル分けされている。今回のTorje氏のタイムは、ルートや手段を問わない、純粋なタイムのみを競うルール「any%」での記録となる。時間の計測は、新たなゲームデータを作成し「開く」瞬間から、ガノンドルフにマスターソードを突き刺す瞬間まで。Torje氏は17分9秒という短時間でハイラルに平和をもたらした。

スポンサーリンク

Torje氏の走ったルートは現在最短とされているものだ、コキリの森から始まり、デクの樹サマの中へと侵入し、ボスを倒し一度ゲームオーバーになる。そしてコキリの森からまたデクの樹サマへと向かい、そこからガノン城へとワープしゲームをクリアする。基本動作ひとつとっても、緻密なテクニックとバグを組み合わせたものとなっている。

氏のプレイを見てみると、デクの樹サマへ向かうまでは、一般的なルートを素早く進むスーパープレイであるが、ダンジョン内部に入ると何が起こっているかわからなくなるほど目まぐるしくなる。ポイントとなるのはやはり「Get Item Manipulation(以下、GIM)」と「Wrong Warp(以下、WW)」だろう。GIMはメモリを操作することで、本来入手したものと異なるアイテムを入手できるバグだ。氏は、デクの樹サマの中でこのバグを利用することで、のちに使用する「空きビン」を入手している。

そして、WWはマップを移動する際に、本来移動するはずのエリアとは異なるエリアへ行くことができるというバグだ。このバグを利用するためには、空きビンと虫が必要となる。一度ゲームオーバーになるのは、デクの樹サマへと向かう道中で虫を入手する必要があるからだろう。GIMとWWを利用することで、12分でラストのクライマックスシーンへと到達できるというわけだ。

Image Credit: Torje

Torje氏は前回の記録更新時と大きくルートや方法を変えておらず、よりプレイを洗練させることによって8秒タイムを縮めることに成功している。このように、『時のオカリナ』は数秒を争う戦いになってきている。しかし、19年前に発売されたタイトルとは思えないほどSpeedrun.comの記録の入れ替わりは激しく、今もなお競技として愛されているタイトルであることがわかる。

最新作である『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では、前回最速記録を更新したすば氏が新たに世界記録を更新し45分51秒というタイムを出すなど、「3Dゼルダ」タイトルのRTAは新旧ともに盛り上がりを見せている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog