宇宙ステーション運営ゲーム『Stationeers』が正式発表。「DayZ」のDean Hall氏が開発担当、Steam早期アクセスでリリース予定

ゾンビサバイバルゲーム『DayZ』の開発者として知られるDean Hall氏は、宇宙ステーション運営ゲーム『Stationeers』を正式発表した。近日中にもSteam早期アクセスを通じて販売予定。イベント「EGX Rezzed」にて明らかにされたもので、氏との交流が深い欧州メディアEurogamerがあわせてインタビューを実施している。

『Stationeers』はシングルププレイとオンライン協力プレイの双方に対応するタイトルとなっている。プレイヤーは宇宙ステーションを建設し、「大気」「発電」「医療」「農業」「食料」「重力」といった各要素を管理・制御していくことになる。2003年からコミュニティによって開発されている無料の宇宙ステーション管理ゲーム『Space Station 13』から影響を受けているほか、開発が頓挫した『Ion』のアイディアの一部も生かされているという(関連記事)。

スポンサーリンク
『Stationeers』。近年のタイトルと比較すると『Astroneers』と近い作品になる気もするが、現時点でゲームの詳細は明らかにされていない

Dean Hall氏が生みだした『DayZ』は、スタンドアローン版が2013年12月に発売されたが、発売から4年が経過した現在でもコンテンツやチーター対策などの面で、けっしてユーザーが満足できるようなクオリティには到達していない。Hall氏もその点は認識しており、ふたたび早期アクセスに手を出すかどうかについては葛藤があったようだ。

『DayZ』のあとで早期アクセスを再びやることは無いと真剣に考えていたよ。でも『Rim World』のTynan Sylvesterと、『Kerbal Space Program』のFelipeと多くを話して、『KSP』が閉じられた状況で作られていたらまったく異なる作品になっただろうと思ったんだ。自分が考えるアイディアの多くは酷いし、コミュニティがフィルターの一部として機能することになる。

現在『Stationeers』の開発は6人の小規模チームにて進められている。Hall氏はMod版「DayZ」の初期のころのコミュニティとの関係性を目指しており、「クソみたいなものはもうリリースしない、同じミスは二度としない」と伝えている。はたして早期アクセスでどのように開発が進められていくのか、今後の続報に期待したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog