「SteamのゲームをNintendo Switch風に遊びたい!」820ドルかけて作るSteamtendo Switchプロジェクトが反響を呼ぶ

Image Credit: godelbrot

インターネットのゲームコミュニティの間では、発売からそれほど時間が経っていないこともあり、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の話題が頻繁にあがる。こうした話題のなかでよくあがるのが「Nintendo Switchのように自分の愛用ハードを持ち運びたい」という意見だ。Nintendo Switchは据置ハードでありながら持ち運ぶことができ、TVモード・テーブルモード・携帯モードなど状況に応じて遊び方を選択することができる。こうしたシーンに合わせたプレイができるという点に魅力を感じるユーザーが多いのだろう。

スポンサーリンク

こうした願望を実行に移そうと計画する人々がいる。プラットフォーム「Steam」を愛するPCユーザーだ。彼らはRedditにてSteamをNintendo Switch風に遊ぶ、その名も「Steamtendo Switch」計画を進めているのだ。

ないものを探すより作ればいい

まず、Steamtendo Switchを実現するためには、タブレットを購入し、Nintendo Switch本体に付属しているJoy-Conグリップを取り付けなければいけない。サイズ的に問題ないとされるタブレットは「HP Pro Tablet 608 G1」。Joy-Conグリップをノコギリなどで切断し(レール部分は残す)、Joy-Conが入る隙間を確保し、熱接着などでタブレットにグリップをくっつける。これでなかば無理やりではあるが、携帯モードを完成させることができる。

注意点がいくつかある。横向きにした際にタブレットのUSBポートを完全に塞がないように気を付けること。当たり前であるが、切断し加工してしまったJoy-Conグリップは元に戻らないので注意しなければいけない。また当然であるが、使用中はJoy-Conは充電されない。Joy-Conを充電する際には、デバイスをNintendo Switch本体もしくはJoy-Con充電グリップに挿しこまなければいけないという点も留意すべきだろう。難易度はやや高いが、タブレットにとりつけるJoyConグリップを別売りの充電グリップへと変更する案もある。

Joy-Conを外しタブレット用のスタンドをとりつければ、あっという間にテーブルモードに切り替えることができる。TVモードを再現するには「Microsoft Display Dock HD-500」をつなげる。このデバイスを経由することで、タブレットの映像をテレビモニタに映すという仕組みだ。

PCやタブレットにてJoy-ConやProコントローラーが使用できることは明らかになっている。BluetoothでタブレットにJoy-ConあるいはProコントローラーを接続し、JoyToKeyなどのソフトウェアを経由してコントローラーに入力を割り振れば、晴れてSteamのゲームをNintendo Switchのように遊べるというわけだ。

お値段820ドル

Steamtendo Switchの実現に必要なデバイスや周辺機器の価格を合計すると、820ドルとなる。Nintendo Switchを2台買える価格であるにもかかわらず、Nintendo Switchに対して性能は劣る。ノコギリと接着剤を使うという荒業が不可欠で、作業工程で製品を破壊するリスクも存在する。redditでこのアイディアを発案したgodelbrot氏ですら「すでにGPD WINやSMACH Zといった(携帯機でSteamを遊べる)デバイスがあることは知っている。820ドルを支払うべきだとは到底思わない。あくまでSteamをSwitchと同じようなフォーマットで再現しようとしただけだ。」と述べている。

しかしコミュニティの多くの人々は、氏のアイディアを否定するどころか、さらなる改善案を出し始めたのだ。「NVIDIA SHIELDのほうがいいだろう」といったふさわしいデバイス選びや「Ubuntu」がいい」といったOS選び、さらにSteamtendoにかわる名前の発案があげられている(一番支持されているのは、偽りを意味する「pretend」をもじった Pretendo Switch)。一見狂気じみたアイディアでありながら、思わぬ反響を呼んでいる。

Image Credit: godelbrot

もちろん、「あんまり笑わすな」と冷笑するユーザーや「それじゃ『ブレス オブ ザ ワイルド』ができないだろ』と冷静に突っ込むユーザーも存在するが、400以上の返信が集まっており、氏のアイディアがコミュニティの注目を集めているのは疑いない。

820ドル投資してSteamtendo Switch作りに挑むのならば、799ドル出してNintendo Switch とGPD WINを買ったほうがきっと幸せになれると思ってしまうかもしれないが、コミュニティの熱気を前に、そんな指摘をするのは野暮だろう。携帯型ゲーム機でSteamを遊びたいというユーザーの願望から始まったSteamtendo Switchというロマンは、まだ生まれたばかりなのだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog