開発者が語るUnreal Engine 4とNintendo Switchの親和性。「『Snake Pass』は7日でPCからSwitchに移植できた」

Unreal Engine 4に対応している任天堂の新ハードNintendo Switchだが、はたして他プラットフォームから同機への移植はスムーズにできるのか。Nintendo Switch初のUnreal Engine 4製タイトル『Snake Pass』のクリエイターが、Gamer Professionalsのインタビューのなかで興味深いコメントしている。インタビューにこたえたのは『Snake Pass』を手がけるSumo DigitalのアーティストSeb Liese氏だ。

スポンサーリンク

Liese氏は、PCで開発されたゲームをNintendo Switchへ移植するのにどれくらい手間がかかったかという問いに対し「プログラマーは7日間だと言っていた」と語っている。Sumo Digital は1月から移植作業を始め、7日間でおおまかな移植を終え、そこから微調整を加えていったのだという。2017年1月時点では、Nintendo Switchに対応したバージョンのUnreal Engine 4はまだリリースされていなかった。2月に正式サポートしたバージョンがリリースされているので、現在同様の開発をするならば、7日間かかった作業はさらに短縮されているはずであるとLiese氏は語っている。

『Snake Pass』のハードウェア間の比較はDigital Foundryなどでおこなわれている。他ハードウェアと比較すると、ドックモードで動作するNintendo Switch版は若干解像度で見劣りするものの、フレームレートは同等で、おおむね良好なパフォーマンスを見せている。Sumo DigitalはRedditのAMAで、Nintendo Switch版のパフォーマンスを改善できる余地はあると認めており、最適化が進めばさらに快適なゲームプレイが楽しめるだろう。

ただ、こうしたコンソール機への移植が手軽なのはNintendo Switchに限った話ではない。Liese氏は「コンソール機への移植は等しく容易」と語っており、決してNintendo Switchが特別ではないということだ。しかし、これまで任天堂ハードは、ハードウェアの特異性やスペック不足からマルチプラットフォームの対象から外されることが多かった。サードパーティーソフトが弱いと指摘されるなか、同じ土俵に立てるようになってきたのは、大きな前進であるといえるだろう。

なお、アトラスからNintendo Switch向けに発売される『真・女神転生』シリーズ最新作は、Unreal Engine 4で開発されていることがすでに発表されている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog