瞬間移動で敵を翻弄し、スローモーションで迫りくる弾丸を避ける一撃死アクション『Mr. Shifty』配信開始

tinyBuild Gamesは日本時間4月14日、Team Shiftyが開発する見下ろし視点アクション『Mr. Shifty』の配信を開始した。対象プラットフォームはPC/Mac/Linux (Steam)およびNintendo Switch(海外ストアにて14.99ドルで販売中)。Steamでの販売価格は1480円であり、4月21日までのキャンペーン期間中は10%オフの1332円で購入できる。またリリースにあわせて本作のスタイリッシュなアクションの一部を確認できるローンチトレイラーが公開されている。

スポンサーリンク

本作は敵の攻撃を一度でも受けると死亡する見下ろし視点の一撃死アクションである。ただし主人公の「Mr. Shifty」は瞬間移動(ブリンク)できるという大きなアドバンテージを有しており、この特殊能力をフルに活用することで少ない体力をカバーできる。瞬間移動のストックは5回。使い切ると回復までに時間がかかるため乱発はできない。能力の使いどころを瞬時に見極めながら敵を的確に仕留める、スピーディかつスリリングな戦闘を味わえる。

潜入捜査官「Mr. Shifty」の任務は、大手企業の社長「チェアマン・ストーン」が企む「メガ・プルトニウム」の兵器化を阻止すること。ターゲットの本拠地である「オリンパスビル」に潜入し、「メガ・プルトニウム」を盗み出すのだ。ただし「オリンパスビル」は「世界でもっともセキュリティが固いビル」と言われており、各フロアではガードが巡回しているだけでなく、時限爆弾やレーザータレットといったトラップがそこかしこに仕掛けられている。これらはもちろん避けねばならないのだが、うまく立ち回れば攻撃の矛先を敵に向かわせることも可能だ。ステージの難易度は先へ進むにつれてエスカレートしていくため、使えるギミックやアイテムは可能な限り利用したい。

「Mr. Shifty」の基本攻撃は素手によるパンチだが、ステージ内のモップや木の棒といった即席の武器を振り回すことで、グループで固まった敵を一網打尽にできる。こうして一箇所にとどまることなく打撃をヒットさせ続けるうちに「Slow-Mo」メーターが溜まっていく。この「Slow-Mo」メーターがマックスに達すると、敵の銃弾が近づいた際にスローモーション能力が自動で発動する。周りの動きがのろく見える中、「Mr. Shifty」だけが目にも止まらぬ速さで敵をなぎ倒していく。「Mr. Shifty」と共に、このアドレナリンラッシュの極みへと達するのだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog