7歳の子供が夜にゲームを遊ぶために作ったニセの手紙がかわいい。「ビデオゲームの授業の成績がよくありません、退学になります」

子供のころからビデオゲームが大好きだったなら、大部分の人は「親」と衝突したことがあるのではないだろうか。掃除機をぶつけられてプレイ中のゲームがバグってしまう、成績が悪いからといってゲーム機を押入れに封印される。特に「もう夜だから早く寝なさい」と怒られたかつての子供たちはたくさんいるはずだ。なんとか夜もゲームをプレイしたいがために、海の向こうのとある7歳の子供は学校から送られてきたかのようなニセの手紙を作り、親に渡した。その写真が海外フォーラムRedditに投稿され、3000件以上のコメントが寄せられるなど注目を集めている。

7歳の子供の名前はネイサン(Nathan)くん。公開された手紙には、ネイサンが「ビデオゲームの授業」を除いて成績が順調であること、そしてビデオゲームの成績が良くならないと退学させないといけないことが、とても大人が書いたとは思えない筆跡と誤字たっぷりの文章で記されている。どうやら線を引いてから切ったらしきノートの切れ端はガタガタで、下の部分はかなり適当になっているのも、見ていて思わず笑みを浮かべてしまう。

スポンサーリンク

「おやごさんへ

ネイサンくんは すべてのじゅぎょうを うまくやっています、ビデオゲームの じゅぎょうをのぞて!もしかれが まいばんビデオゲームをプレイできないなら がっこうから おいだされてしまうでしょう!!!かれをひとばんじゅう おきててもいいようにしなさい、こんばんから はじめてください!かれはコンピュータ Wii iPod iPad ほかのいかなる でんしきかいも あそべます。

がっこうより」

ネイサンくんの書いた手紙

残念ながらネイサンくんは夜もゲームを遊べるようにはならなかっただろう。

はたから見ると、とてもかわいらしく馬鹿馬鹿しいネイサンくんの手紙だが、世の中にはビデオゲーム・ゲーム機を使った授業は実際に存在する。たとえば『Minecraft』や『SimCity(2013)』などには、授業用に調整されたエデュケーションバージョンが存在しており、それらをプログラムや都市環境などを学ぶために使用した例が国内外で複数報告されている。ニンテンドー3DSと『プチコン3号』を、物理の授業で使うといった取り組みもある(関連記事)。特にプログラミングに関しては、日本政府の文部科学省が2020年から教育を必修化するか検討すると昨年発表しており、ビデオゲームを通じた習得にはさらに注目が集まることになるかもしれない。夜にゲームをプレイできるようになるかは不明だが、ネイサンくんの考えた「ビデオゲームの授業」はそんな形で将来的に一般化する可能性も秘めている。

スポンサーリンク

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog