『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を2D化するファンゲーム、権利侵害で公開停止。オリジナルゲームとして再出発へ

開発者のWinter Drake氏は、『Breath of the NES』をファンゲームではなくオリジナル版として開発することを発表した。同作は2Dゲームとして開発されていた『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の初期プロトタイプ版を再現しようとしていたファンゲームだ(関連記事)。海外においては、任天堂のファンゲームはDMCA(デジタルミレニアム著作権法)侵害に当たるとして公開停止となる例が続いており、本作もNintendo of Americaから同様の対処をされる結果となった。

itch.ioで配信されていたデモ版は現在ダウンロードできないようになっている。itch.io側は、Nintendo of AmericaからのDMCA侵害を指摘する通知があり、『Breathy of the NES』がキャラクターである「リンク」や『ゼルダの伝説』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の著作権に侵害していると説明。また同プラットフォームの利用規約にも反していると伝えている。

スポンサーリンク

開発者のWinter Drake氏は当初、任天堂からの公開停止要請があった場合には、オリジナルゲームとして開発を続けることを伝えていた。Twitterでの発言によれば、今後は登場キャラクターを置き換えるなどして再出発を目指すようだ。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog