Windows 10/Xbox One版『ファントムダスト』のゲームプレイ映像が公開。開発者が移植にあたっての改善点を解説

マイクロソフトは5月4日、Windows 10/Xbox One版『ファントムダスト(Phantom Dust)』のゲームプレイ映像を海外メディアPolygonを通じて初公開した。本作は2004年に発売された初代Xbox版の移植となる(関連記事)。動画の中ではMicrosoft Studiosのクリエイティブ・ディレクターAdam Isgreen氏が、本作の仕様や開発の経緯などについて語っている。

スポンサーリンク

本作を移植するにあたってオリジナル版を開発していた日本から素材を取り寄せたところ、最終的なソースコードがなかったため、本作を手がけたCode Mysticsはコードを解析して、何ができるのかを見極めることから始めたという。一方、過去の世代のゲームを蘇らせる場合、たいていは現代でも通用するようにグラフィックの高精細化などのリマスターを施すが、本作の場合はもともと十分なクオリティだったため基本的にそのまま使用しているそうだ(そのため、マイクロソフトは本作をリマスターとは呼んでいない)。実際ゲーム画面を見ても細かく描き込まれており、初代Xbox向けにはこれをかなり圧縮して使用していたことがうかがえる。またオリジナル版のゲーム画面は4:3だったが、Xbox Oneでは16:9の1080pで、PCでは4K解像度を含めユーザーのディスプレイ/ウィンドウに合わせてレンダリングされる。

本作は移植版ではあるが、さまざまな改善が施されている。本作のゲームプレイはトレーディングカードゲームの要素を持っており、プレイヤーはゲーム内で収集したスキルをアーセナル(カードデッキ)に組み込んで戦う。そのスキルのデータはクラウドで管理するよう変更されたため、マイクロソフトはゲームバランスの調整を状況に応じて即座におこなうことができるようになった。そのほか、ストーリーモードではミッションをクリアしていくことでストーリーが進んでいくが、同じミッションを3回失敗すると、そのミッションをスキップできるようになる。これは誰もが本作のストーリーを体験できるように配慮されたもので、スキップすると関連実績は解除できないが、特にペナルティはなくクリア報酬も獲得できる。

また、発売時には有料・無料のDLCが配信される。本作のマルチプレイモードで使用するスキルは、もともとストーリーモードで獲得したものしか使えなかったが、このDLCでスキルを入手できるため、プレイヤーはゲームを始めてすぐにマルチプレイを楽しむことができるようになるという。

Isgreen氏によると、日本から取り寄せたオリジナル版の素材には開発中のコンセプトアートなども含まれており、水族館や遊園地ステージなど、ゲームには収録されなかったたくさんのアイデアがあったそうだ。Isgreen氏は、『ファントムダスト』はほかのどのゲームとも異なるユニークなゲームで、オリジナル版を知らなかったゲーマーにも楽しんでほしいとしている。本作は6月に開催されるE3の前に発売予定だ。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog