インディーゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展タイトル公開中。『Owlboy』など海外インディータイトルが多く登場

BitSummit実行委員会は、2017年5月20日・21日に開催する「A 5th of BitSummit」の出展タイトルが公開中だ。今年のBitSummitの会場の広さは前年と比べて1.5倍へと拡大している。それにあわせて、例年よりも海外インディータイトルが多くて出展される印象だ。

美しいドット絵がゲーマーのハートをつかんだ2Dアクション『Owlboy』や、怪物からエネルギーを吸い取るシミュレーションゲーム『Lobotomy Corporation』といった話題作のほか、『Back to Bed』を手がけたBedtime Digital Gamesの新作『Figment』、『JOTUN』を手がけたThunder Lotus Gamesの最新作であり、Kickstarterで大成功をおさめた『Sundered』など、まだ発売されていない海外のインディータイトルをプレイできる貴重な機会だ。

スポンサーリンク

またNintendo Switch向けの未発売タイトルが出展されているという点も注目したい。セピア調で描かれるシューティング『Earth Atlantis』、ケモノ達が戦うアクション『Dusty Raging Fist』、「塗り」と「射撃」がテーマだという正体不明のゲーム『GORSD』などが出展リストに並んでいる。

もちろん、例年どおり国産タイトルも多く出展される予定だ。現地に行ってから面白そうなゲームを見つけてプレイするのも楽しいが、行く前からお目当てのゲームを決めておくのもいいだろう。和洋のインディーゲームが集結する「A 5th of BitSummit」は2017年5月20日・21日に、場所は京都「みやこめっせ」にて開催される。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog