『ソニックマニア』の発売日が8月に決定。懐かしくも新しい2Dクラシックソニックシリーズ最新作

【UPDATE 2017/5/31 12:00】セガは本日5月31日、本作の国内発売日を8月16日と公式サイトで正式発表した。

【原文 2017/5/31 11:18】

スポンサーリンク

SEGA of Americaは5月31日、『Sonic Mania(ソニックマニア)』を8月15日に海外で発売すると発表した。プラットフォームはPC/Nintendo Switch/PlayStation 4/Xbox One。すでに予約受付を開始しているXboxストアによると、国内では8月16日に発売となるようだ。価格はXbox One版が2160円で、SteamではPC版が1750円で予約できる。

また、国内オンラインショッピングサイト・エビテン(ebten)のセガストアでは、本作の「コレクターズエディション」の予約受付が開始されている(PS4版のみ)。価格は8502円。これはPS4版のダウンロードコードのほかに、セガのゲーム機メガドライブを台座とする、高さ約30cmのソニックのフィギュアや、ゴールドリングが収納されたゲームカートリッジ型ケースなどが同梱された豪華セットだ。なお、こちらでも8月16日発売とされている。

本作は、2Dの横スクロール・アクションゲームとして誕生した『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズの原点に帰りつつ、さまざまな追加要素を盛り込んだ、懐かしくも新しい2Dクラシックシリーズ最新作だ。登場キャラクターは、おなじみのソニック、テイルス、そしてナックルズ。それぞれの固有アクションにより、同じステージでも異なる攻略法が生まれる。また、ソニックには新たな固有アクションとして「ドロップダッシュ」が追加されており、ジャンプ中に回転エネルギーを溜めることで、地面に着地した瞬間にダッシュすることができる。

収録ステージは『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』『ソニック・ザ・ヘッジホッグ 2』『ソニック・ザ・ヘッジホッグ 3』『ソニック&ナックルズ』そして『ソニックCD』に登場した、「Green Hill」や「Flying Battery」といったおなじみのステージをもとに新たな仕掛けを追加したものや、「Studiopolis」「Mirage Saloon」といった完全新規のステージが登場する。「Mirage Saloon」では、ナックルズでプレイするとステージ構成が変化するという。

本作は協力プレイに対応しており、その場合はプレイヤー1がソニックを、プレイヤー2がテイルスを操作することになる。Switch版では、もちろん“おすそわけプレイ”も可能。またSteamストアページによると、「Competition モード」という過去の作品にも登場した、画面分割で1対1の競争をするゲームモードも収録されるようだ。

本作は、過去に『ソニックCD』などを“勝手移植”し、のちにセガに認められて公式リリースへとこぎ着けた実績を持つChristian Whitehead氏や、PagodaWest Games、Headcannonの協力のもと、SEGA of Americaが開発を手がけている。

ソニックマニア コレクターズエディション

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog