『シェンムー3』発売が2018年下半期へと延期、延期理由は「パワーアップしたシェンムーを届ける」ため

『シェンムー3』ディレクター鈴木裕氏は、Kickstarterのバッカー向けに投稿した動画のなかで、同作の発売を2018年下半期へ延期すると発表した。

スポンサーリンク

鈴木氏は、『シェンムー3』の開発が始まり2年が経過し、前作ではできなかったことや新たな可能性が生まれ、魅力物量ともにパワーアップしていると話し、一方でパワーアップした『シェンムー』をユーザーのもとに届けるには時間が足りないとも語る。Kickstarterプロジェクトのコンセプトや鈴木氏の16年以上の想いを形にした作品にすることを両立するため、延期することを決断したと明かしている。氏によると、詳細な報告は6月のバッカーレポートにあげられるとのことだ。

『シェンムー3』のKickstarterキャンペーンは、同サイトのビデオゲームカテゴリーにおいて史上最高額となる約660万ドルという金額を集めたことで注目されていた。昨年12月にはメインシナリオの完成も報告され順調に見えたものの、2017年12月という発売日にむけては大きな動きはなく、かつ5月のバッカーレポートでは2017年のE3にも出展しないと報告されており、発売を危ぶむ声もあった。この時点で、スタッフは開発に時間をかけることを決断していたのだろう。

Unreal Engine 4で開発されている『シェンムー3』は、PC/PlayStation 4向けに2018年下半期に発売予定だ。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog