Bethesda Softworksが「Creation Club」を発表。外部開発者も招き『Fallout 4』や『Skyrim』に質の高い有料Modを提供

Bethesda Softworksは6月12日、アメリカで開催したE3 Showcaseにて「Creation Club」を発表した。これはBethesda Games Studiosや外部の開発パートナー、あるいはコミュニティによって開発されたコンテンツを配信するプラットフォームで、まずはPC/PlayStation 4/Xbox One向けに販売中の『Fallout 4』と『The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition』向けに今年の夏から提供する。

スポンサーリンク

Creation Clubは、それぞれのゲーム内でのインゲームストアとして利用可能。プレイヤーはまずお金を払ってクレジットを購入し、そのクレジットを消費してコンテンツを入手できる。なお、購入したクレジットはゲームごとではなくCreation Clubに登録されるため、残高はそれぞれのゲーム間で共有される。ただし、たとえばPC版とPS4版など、異なるプラットフォーム間では共有されない。

配信されるコンテンツはいわゆるModで、武器スキンやまったく新しい武器、あるいはキャラクターに着せる服やアーマーなどの装備・アイテム。また、プレイアブルキャラクターに新たなアビリティを持たせたり、敵キャラクターを追加することもできる。そのほか新たなマップや、拠点作りに使えるデコレーション、さらにサバイバルモードなどゲームプレイに変化をもたらすものなどが例として挙げられている。

現在『Fallout 4』と『Skyrim』には、コンソール版も含めModが提供されているが、Creation Clubはそれに取って代わるものではなく、Modはこれまでどおり利用可能。ではCreation Clubはなにが異なるのかというと、開発されたコンテンツはBethesda Games Studiosによって精査され、開発者とともに磨きあげ、QAテストをおこなうなど、通常の開発作業と同じ過程を踏んでから配信される。これによって、公式に配信されているDLCとの互換性を担保することができ、またローカライズもおこなわれる。つまりCreation Clubで配信されるコンテンツは、外部デベロッパーによるものであっても、限りなく公式に近いコンテンツだといえる。

Creation Clubへの開発者登録の受け付けはすでに開始されている。基本的にスキルの高いプロのアーティストやモデラーを対象にしているようだ。なお、承認された開発者には、コンテンツの開発段階に応じて報酬が支払われる。腕に自信のある方は参加してみてはいかがだろうか。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog