高橋哲哉氏が海外紙に『ゼノギアス』のディスク2問題について語る「正しい選択だったと思う」

スクウェアから1998年にPlayStationにて発売された『ゼノギアス』は、現在でもカルト的な人気を誇る作品だ。SFやロボットというテーマを題材に、社会問題を扱いつつ重厚な物語が展開されるRPGとなっている。PlayStationというハードの特性を生かした演出、光田康典氏による繊細ながら力強い音楽など、多岐にわたる魅力を持つ。しかし、そんな『ゼノギアス』は批判されることも少なくない。同作において議論を呼んでいるのは「ディスク2」問題だろう。

『ゼノギアス』のディスク2では、冒険や戦闘を「プレイ」できたディスク1とは異なり、ムービーを「見ること」がメインとなる。物語を急いで畳まんとする鑑賞シーンの長さから紙芝居とまで揶揄されることもある。当時には『ファイナルファンタジー』シリーズに開発スタッフが移ったといった噂も流れたが、ディレクターをつとめた高橋哲哉氏は海外メディアKotakuの取材に対して当時の事情について語っている。

スポンサーリンク

正直に言うと、『ゼノギアス』のチームは若く新しいスタッフで構成されており、当時は2年間で開発を終わらせる方向で進んでいました。3Dのような新しい技術を学び、社員を育成しながら進めなければいけなかったので、スケジュールに遅れが出て、すべてを終わらせることができませんでした。

また高橋氏は、『ゼノギアス』はスクウェアの提案によって、ディスク1で終わる可能性もあったことも認めている。

それ(ディスク1)で終わらせるのは粗っぽいですし、そうしたとしてプレイヤーは満足できなかったでしょうね。そこで、スタッフと開発費、スケジュールを維持したままディスク2を作って終わらせることをこちらから提案しました。

ディスク2について批判が生まれるのはディスク1の完成度ゆえのものだろう。しかし、高橋氏はディスク2についての後悔を残していないようだ。

私の選択は正しかったと思いますよ。ディスク1で終わると、悪いものになっていたと思うので。

高橋哲哉氏は最終的にスクウェアを離れ、モノリスソフトを設立。モノリスソフトにて『ゼノサーガ』シリーズを手がける。モノリスソフトはのちに任天堂の子会社となり、『ゼノブレイド』をリリースし、クリエイターとしての名声をさらに高め、『ゼノブレイドクロス』を発売している。どの作品も重厚なシナリオやSFをまじえた世界観が特徴的であり、姿形は変えているが、高橋氏が生み出す「ゼノ」シリーズのDNAは脈々と受け継がれているのだろう。

高橋氏の最新作であるニンテンドースイッチ向けRPG『ゼノブレイド2』は2017年冬に発売予定だ。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog