Atari、新たなゲームコンソールを開発中。PCベースのテクノロジーを採用

AtariのCEOであるFred Chenais氏は、同社が新たなゲームコンソールを開発中であると明らかにした。業界メディアGamesBeatの取材を受けて明らかにしたもので、Atariはハードウェアビジネスに戻るとコメントしている。同社が最後にリリースしたゲームコンソールは1993年の「Atari Jaguar」で、実現すれば20年以上の時を経ての帰還となる。

すでにAtariは「Ataribox」という名のティーザーサイトを先週公開しているが、これがゲームコンソールのものであるのかどうかは不明だった。同サイトでは1本のティーザー映像が公開されており、「Atari 2600」に似た木目調のハードウェアの姿が一瞬だけ映し出されている。

スポンサーリンク

Chenais氏は、同コンソールは現在まだ設計に取り組んでいる段階で、PCのテクノロジーに基いていることを明らかにした。一方で、どのような立ち位置のゲームコンソールを目指しているのかは伏せられている。まず思いつくのは「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」のような復刻機だが、AtariはAtGamesと協力して同様のハード「Atari Flashback」を開発しており、同じ路線のコンソールをあらためて本社からリリースするとは考えづらい。また「Atari Flashback」にはすでに商標登録マーク(R)も付いており、同ハードの名称をAtariboxへ変更するという線もおそらくないだろう。とはいえ、現在の業界を支配するPlayStation、Xbox、そしてNintendo SwitchやWii Uなどの立ち位置を目指すことは、非常に厳しいようにも思える。今後の続報に期待したい。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog