協力プレイ対応ARPG『Anthem』国内発売決定。カスタマイズしたパワードスーツを着て、「壁の外」の世界を冒険

Electronic Artsは6月20日、『Anthem』を国内向けに正式発表した。プラットフォームはPC/PlayStation 4/Xbox Oneで、2018年秋発売予定。

本作は『Mass Effect』シリーズなどで知られるBioWareが手がける新規IPタイトルだ。E3 2017に合わせて開催されたEAの独自イベントEA Playにて発表された。今回国内発売が決定したことにより、本作のティーザートレイラーおよびゲームプレイトレイラーの日本語字幕版が公開されている。

スポンサーリンク

本作では人類は「Fort Tarsus」と呼ばれる巨大な壁に囲まれた街に暮らしており、プレイヤーは「フリーランサー」と呼ばれる探索者となる。壁の外は大自然が広がるオープンワールドで、危険な略奪者やモンスターがうろついている。また、Shaper Stormsと呼ばれる天変地異も発生するため、スキルと装備を持ったフリーランサーは街の人から一目置かれる存在のようだ。Fort Tarsusの壁の外には忘れ去られた廃墟が数多くあり、その中には人間社会の支配を目論む脅威が存在するという。

フリーランサーは「Javelin Exosuit(ジャベリン・エグゾスーツ)」と呼ばれるパワードスーツを着て壁の外へ出る。プレイヤーは冒険の中で得たギアを使ったりクラフトすることで、Javelin Exosuitに装備する武器やアビリティをカスタマイズ可能。本作は最大4人での協力プレイに対応しているため、それぞれのプレイヤーはカスタマイズを重ねたJavelin Exosuitの能力を活かして、お互いをアシストしながら冒険を進めていくことができる。

本作は「シェアワールドアクションRPG」とされており、ほかのプレイヤーと体験を共有することに着目して開発されているようだ。発売は2018年秋とまだ少し先だが、E3でも大きく扱われており来年の期待の一作となるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog