懐かしのセガゲームが遊べる「SEGA Forever」はPCやニンテンドースイッチでの展開の可能性も。セガ担当者がコメント

SEGA Networksは6月21日に「SEGA Forever」を発表した。「SEGA Forever」はiOS/Andoroid向けのカタログで、セガがこれまでリリースしたタイトルのなかで、指定された作品をプレイできるというもの。基本プレイ無料となっており、1.99ドルを払えば広告を除去できるという仕組みだ。本日よりすでに同カタログの配信は始まっており、用意されているラインナップはメガドライブ向けにリリースされた『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』『ファンタシースター II』『コミックスゾーン』『カメレオン キッド』『獣王記』の5作品。すべてのゲームはBluetoothコントローラーでのプレイに対応している。SEGA Networksはアンケートを実施しており、その結果に応じて2週間ごとに新たなタイトルを追加していくという。

スポンサーリンク

ゲーム業界では老舗のひとつといえるセガは多くの人気タイトルを抱えている。そうしたタイトルを気軽に遊べる「SEGA Forever」は、セガファンにとってもそうでない方にとっても興味深いプラットフォームになる。

一方で残念であるのが「モバイル限定」であるというのと「国内向けには展開していない」という2点だろう。しかし、前者の懸念点についてはそう遠くない未来に解消されるかもしれない。SEGA NetworkのチーフマーケティングオフィサーであるMike Evans氏は、gamesindustry.bizのインタビューのなかで、幅広いデバイスで「SEGA Forever」が利用可能になることを示唆している。

これまでの(SEGA Foreverの)タイトルは、90%がUnityで作られています。Unityを選んだ理由はほかのプラットフォームに持っていけるミドルウェアだからです。巨大なプロジェクトであり、まずモバイルに集中していますが、それが終わればPC(デスクトップ)、Facebook、ニンテンドースイッチのようなコンソール機を選択肢として検討するかもしれません。

前述したように「SEGA Forever」はBluetoothコントローラーでのプレイに対応しており、オンライランキングにも対応している。モバイルデバイスで遊ぶのも悪くないが、より多くのデバイスで遊べるなら嬉しい限りだろう。Evans氏はニンテンドースイッチを名指してしているものの、ニンテンドースイッチのようなコンソール機(consoles like Switch)とあいまいな表現をしている。UnityはPlayStation 4やXbox Oneの移植にも対応しているので、そのほかのコンソールで展開されることも当然ありえるだろう。

ただ留意したいのは、コンソール機はモバイル向けに採用されている広告無料モデルやサブスクリプションサービスは受け入れられにくいという点だ。たとえば、ソニーはPlayStation 4でのEA Accessの導入を断っている。もしコンソール機でも展開されるならば、サービス形態は多少なりとも変化するのだろう。

モバイル版も含めて「SEGA Forever」が盛り上がれば、さまざまなオプションが検討されること予想される。しかしその前に、まず国内配信が始まらなければ応援しようもないので、できるだけ早く国内での展開をしてもらいたいところだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog