バトルロワイアルゲーム『PUBG』が発売3か月で400万本セールスを達成。Steamで「GTAV」など抑え売り上げランキング首位続く

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(以下、PUBG)』の販売本数が、発売3か月間で400万本に達したことが明らかとなった。本作のゲームデザイナーであるPLAYERUNKNOWN氏がTwitter上にて明らかにした情報で、氏はファンの継続したサポートにたいし感謝の意を述べている。

スポンサーリンク

今年3月24日にSteamで発売された『PUBG』は、海に囲まれた孤島を舞台に最大100人のプレイヤーが最後の1人になるまで生き残りを目指すバトルロワイアルゲームだ。プレイヤーたちは航空機から好きなポイントに降り立ち、島内にある武器を集め、少しずつ狭まっていく活動可能エリアで戦っていく。ラグや動作パフォーマンスなど改善すべき点はまだまだるものの、さまざまなアプローチが可能な自由度の高さに加え、最後の数人に残った際の高い緊張感が楽しめるタイトルで、発売以降は『Grand Theft Auto V』などを抑えSteamの世界売上ランキング首位を独占し続けている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog