『GTAV』のModツール問題で揺れるRockstarが新たなModガイドラインを公開。「Open IV」の開発チームと接触も

Rockstar Gamesは公式サイトにて、同社作品のPC版におけるMod制作に関する新たなFAQを公開した。先日よりTake-Two Interactiveは『Grand Theft Auto V』向けのModツールやチートツールに対する公開停止の要請を続けており、そのなかで人気Modツール「Open IV」も対象となったことで、ファンの大きな反発を招いていた(関連記事)。今回のFAQは、どういったMod制作が許されないのかをより詳細に伝える、ガイドライン的な内容となっている。

RockstarはTake-Twoとの協議の結果、RockstarのPCゲームにおいては、非営利かつシングルプレイヤー向け、さらにサードパーティーのIPの権利を尊重するような内容であれば、法的措置は取らずMod制作を認めると明らかにしている。許可されないのは、マルチプレイヤーやオンラインサービス向けのMod、またそれらに影響を与えるツールやファイル、ライブラリなど。さらにMod制作においては、Rockstarの作品もふくむほかのIPの使用や流用も禁じられている。この禁止事項に関しては、今年3月に公表され後に開発中止となったマップMod「Red Dead Redemption V」の例もあり、自社IPでもほかの作品のIPを流用することは禁ずるとあらためて言及したかたちとなる。

スポンサーリンク

なお海外メディアPC Gamerの取材によれば、Rockstarは騒動の発端となった「Open IV」の開発チームと現在接触しているという。先日の発表にもあったように、Take-Twoは「Open IV」が『GTA Online』に悪影響を与えるModの制作に使われているとしており、そのために公開停止を要請していると説明していた。今回公表されたガイドラインからもわかるように、『GTA Online』へ悪影響を与えることはないと証明あるいは変更できれば、「Open IV」復活の可能性は十分にあると考えられる。

過去30日間、PC版『GTAV』におけるSteamレビューは5万件が寄せられ、そのうち約88パーセントのユーザーが不評を訴えている。また「OpenIV」の公開再開を願うオンライン署名には、約7万7000人が現在賛同している状況だ。今後、パブリッシャーとデベロッパーとコミュニティがそれぞれ納得のいく結果となることに期待したい。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog