『タイタンフォール 2』4人Co-opモードを導入するDLC第7弾「Operation Frontier Shield」が7月25日配信へ

Respawn Entertainmentは7月18日、『Titanfall 2(タイタンフォール 2)』に4人Co-opモードを導入する無料DLC「Operation Frontier Shield」を7月25日に配信する旨を発表した。前作に登場したCo-opモードと同名の「Frontier Defense」では、最大4人のプレイヤーが協力し、5回のウェーブに分けて襲来するエナミーから「ハーベスター」を死守することが目的となる。プレイヤーは敵を倒すことでキャッシュを獲得。ウェーブ終了後にキャッシュを使ってバッテリーやトラップを購入することで次のウェーブに備える。

スポンサーリンク

難易度はイージー/レギュラー/ハード/マスターに分かれており、別枠のフィーチャーモードではさらに高難易度のモードも用意するとのこと。またマッチ完了ボーナスとして、「Aegis Ranks」と呼ばれるランク制度にて昇格していき、Co-opモード特有のタイタン・アップグレードをアンロックすることが可能だ。Co-opモード用のマップは5つあり、今後のアップデートにて追加されていく。

DLC恒例の新マップ追加も忘れてはならない。初代『タイタンフォール』のマップ「Rise」がリマスターされて復活する。マップ中央の細長い通路、複数のジップライン、ウォールランでの移動に適した巨大建造物を特徴とした砂漠基地マップだ。そのほかライブ・ファイア用に「Township」が追加される。コンパクトな居住区マップであり、屋内・屋上エリアの制圧が勝利へのカギとなる。

Rise
Township

ゲーム内ショップには、武器・タイタン用のコスメ品「エリート・ウォーペイント」が追加される。武器用のものは8種類あり、所有しているだけでXPブーストのチャンスが得られる。タイタン用のものはCo-opモード「Frontier Defense」にてXPブースト効果が発動し、チームメイトと効果をスタックすることが可能だ。なおタイタン用「エリート・ウォーペイント」に限り、8月28日までの期間限定販売となっている。

Respawn Entertainmentによると『タイタンフォール 2』の月間アクティブユーザ数は100万人を超えており、6月に「The War Games」DLCを配信してからも上昇傾向にあるという。7月28日から7月30日にかけては無料プレイ期間を設けるとのことで、ユーザ数のさらなる増加にも期待できそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog