性的表現を理由にSteamでの販売を停止された『House Party』、該当箇所を修正し販売再開。外部サイトにて無修正パッチを配布

Eek! Gamesは8月1日、『House Party』のSteamでの早期アクセス販売を再開したと発表した。本作は『Leisure Suit Larry』や『Monkey Island』などのアドベンチャーゲームから影響を受けた、いわばホームパーティーシミュレーターといえるゲームだが、数日前にValveから配信停止措置を受けていた。

Eek! Gamesによると、Valveは本作の性的表現(Pornography)を問題視し、そういった要素をゲームから削除するまで一時的に配信停止すると通告してきたという。実際、本作には女の子の前でスボンのチャックをおろして“なにがしか”をしてもらうことや、ベッドの上で“一戦を交える”ことなどが可能。そういったある種の自由度の高さによって、本作はユーチューバーなどにもてはやされたり、逆に卑猥であると批判に晒されてきた面がある。

スポンサーリンク

ValveはSteamにおいて、性的表現を含むゲームの販売を禁じているわけでは決してなく、たとえば『The Witcher 3』などのゲームは問題なく販売されている。一方で、性的表現を「売り」にしたゲームを販売することについては認めていない。ただしEek! Gamesは、前述したような性的な行為をするかどうかはプレイヤーの任意であり、またパズル要素やユーモアのある会話が本作のメインのゲームプレイであるとして、なぜ本作が規制に引っ掛かったのかValveに説明を求めたが明確な回答は得られなかったという。同スタジオは公式サイトへの投稿の中で、本作を批判する人たちのクレームによってValveが動いたのではないかといぶかしんでいる。

ともあれ、『House Party』はSteamで販売再開された。ただし、基本的なゲーム内容に変更はないものの、いくつかの性的なシーンに対して、プレイヤー設定の如何に関わらず修正が入るように変更されているとのこと(単純なヌード表現についてはそのまま残されている)。こういった措置に対しては、もともとのゲーム内容が気に入って購入したユーザーは不満を抱くかもしれない。そこでEek! Gamesは、公式サイトで「Steam版無修正化パッチ」の配布を開始した。手順は、ダウンロードして解凍したファイルを「Documents/Eek/House Party/Mods/Censorship/」に置くだけだ(バージョン0.6.6以前で、Censorshipフォルダがない場合は新規作成する必要がある)。

『ネコぱら vol.3』18禁DLC(Steam用)

Valveは、Steam外で配布されるパッチによって、本来販売を認めていない表現に変更することについてはお咎めなしとしており、たとえばNEKO WORKsの『ネコぱら』では、全年齢向けのゲーム本体をSteamで販売し、外部サイトで「18禁DLC(Steam用)」を販売している。Eek! Gamesは、Steamでの販売を再開するにはこの方法しかなかったと説明している。なお、Game Joltで販売されている分に関しては従来の表現のままだ。

本作が性的表現を売りにしていると見なされた点について、同スタジオはまだ納得していないようだが、Steamのユーザーレビューでは性的な要素への言及が多く、Valveがそう判断しても致し方がないように思える。いずれにせよ今回の発表のコメント欄を見る限り、Steamでの販売再開と無修正化パッチの配布にユーザーは満足しているようだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog