『スーパーマリオ オデッセイ』アメリカでの対象年齢が「10歳以上」に。これまでより少し刺激的なマリオに?

任天堂がNintendo Switch向けに開発中の『スーパーマリオ オデッセイ』について、ESRB(Entertainment Software Rating Board)がレーティング審査において「EVERYONE 10+(以下、E10+)」、つまり「10歳以上対象」に分類していたことが判明した。海外メディアGoNintendoなどが報じている。

ESRBは、主にアメリカやカナダで販売されるゲームを審査し、対象年齢別に分類している団体で、日本でいうCERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)にあたる。海外ゲームのパッケージの左下に「E」や「M」などと書かれたマークを見たことがある方もいるかもしれないが、あれがESRBの年齢区分マークだ。

スポンサーリンク

『スーパーマリオ オデッセイ』のESRBレーティングは、米国版任天堂公式サイトの表記から判明した。「E10+」だったことがなぜニュースになるのかというと、これまでのマリオ作品は基本的に「EVERYONE(以下、E)」つまり全年齢対象とレーティングされてきたからだ。例外はというと、『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』や『マリオストライカーズ チャージド』『マリオ&ルイージRPG4』、またSwitch向けに発売予定の『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』など、スピンオフ的な作品ばかり。ESRBは民間団体であるためレーティングに法的拘束力はないが、“誰もがプレイできるマリオ”でなくなったことへの関心が大きかったということだ。

では、なぜ『スーパーマリオ オデッセイ』は従来よりも対象年齢が高いと判定されたのだろうか。ESRBは審査した作品それぞれについて、対象年齢を決定するにあたって考慮したゲーム内の表現・コンテンツについて公表しているが、公開時期はそのゲームの発売日としており、発売前の本作についてはまだ明らかにされていない。本作では箱庭ステージを採用しており、ニューヨークのような雰囲気のニュードンク・シティも登場する。一見現実世界のような場所で高所から飛び降りたり、相棒のキャッピーの能力でタクシーに乗り移って走り回ったりといった要素が懸念材料となったのだろうか。

ほかの地域に目を向けてみると、主にヨーロッパをカバーするレーティング機関PEGIは本作を、全年齢対象ながらやや考慮すべき表現を含む「7」に分類している。また、オーストラリアのレーティング機関AustralianClassificationでは「PG(15歳以上推奨)」としている。15歳以上というと厳しすぎると思われるかもしれないが、この下は「G(全年齢対象)」のみで中間がないのだ(なお15歳以上推奨は2種類あり、PGはよりマイルドな表現の作品に付けられる)。興味深いことに、これらのレーティングも従来のマリオ作品より一段階上の対象/推奨年齢となっている。ちなみに日本でのレーティングはまだ判明していない。

AustralianClassificationでは本作のレーティング結果についてプレスリリースを出しており、それによると任天堂は提出時に「PG」を想定したうえで、消費者への注意喚起表記として「mild themes(軽微なテーマ性)violence(暴力表現)online interactivity(オンラインの対話性)」を提案していたが、審査の結果「mild violence(軽微な暴力表現)とonline interactivity」へと修正されたそうだ。個別の案件についてプレスリリースが出るのは珍しいのだが、任天堂は当初から従来の作品よりも高い対象年齢を想定していたことが明らかになった形だ。

いずれにせよ、対象年齢が全年齢から一段階上がったからといって急にバイオレンスなゲームに変貌するわけではない。ESRBの審査基準でいうと、「Cartoon Violence(漫画的な暴力表現)」や「Comic Mischief(漫画的な悪戯行為)」などが挙げられることが予想されるが、これはこれまでの「E」のマリオ作品でも指摘されているものだ。レーティングに厳格に販売する国に住んでいる、あるいは厳しい親御さんを持つ子供たちには気の毒だが、本作ではこれまでのマリオと同じように、ただしちょっぴり刺激的なゲームプレイが楽しめることだろう。『スーパーマリオ オデッセイ』は10月27日に発売予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog