『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』熱はまだ冷めやまず。ファンのグリッチや小ネタ探し続く

今年の3月に発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(以下、ゼルダの伝説 BotW) 』のフィーバーはまだまだ終わらない。任天堂の作品では『ARMS』や『スプラトゥーン2』といった新作に話題が移りつつあるものの、6月末にはDLC第一弾が配信されるなど、依然としてその熱を感じさせる。何より『ゼルダの伝説 BotW』はオープンワールドとして唯一無二の魅力を誇る。今でもあの世界から出られない人々が存在するのだ。

探し続ける男

発売当初から『ゼルダの伝説 BotW』における小ネタやグリッチ探しが積極的におこなわれてきたことは、ご存じの方もいるだろう。スピードランに使用できる口笛ダッシュや、ショートカットに使える盾サーフィンボムジャンプなど、小ネタやグリッチの探求が続けられてきた。ゲームのコンテンツをクリアしたプレイヤーは、こうした「発見」に躍起になっており、YouTubeユーザーMety333氏はその代表といっていい。氏はとにかく日々『ゼルダの伝説 BotW』の研究を続けており、新たな発見にエネルギーを注いでいるのだ。

スポンサーリンク
空中飛行を使ってオルドラの出現ポイントを調べる氏

Mety333氏は、一時期コミュニティを騒がせた「トロッコを使って空中飛行」というグリッチを見つけた第一人者といえばわかる方もいるだろう。氏はあれからもこの空中飛行を使って神獣のもとへ強引に突入したり、リンクがパンチする瞬間があることを発見したり、ちょっと気になるけれど自分でするのは面倒くさい、もしくはなんとなく見つけると嬉しい、そんな細かなネタを探し続けている。動画の投稿ペースも頻繁で、ほぼ毎日テクニックやグリッチ、小ネタ動画を見つけてはアップロードしている。インターネットでもっとも意欲的に『ゼルダの伝説 BotW』を研究し続ける男のひとりだと言っていいだろう。

なぜこれほどの情熱を燃やし続けるのか、AUTOMATON編集部はMety333氏をたずねたところ、「『ゼルダの伝説 BotW』は、無限の可能性が存在するゲームだからです。いろんなシチュエーションでいろんなことを試したい、そんな欲望が止まりません。その情熱が探求へと向かうのです!」と同作品に心酔していることを明かしてくれた。そんな氏が最近見つけたお気に入りの小ネタはふたつあり、「ボムの爆風をガードジャストするととてつもない衝撃が生まれ敵を吹っ飛ばせる」ものと、「空中飛行中に焚き火をつけてもそこで就寝できる」というもの。これらの小ネタはほぼ実用性がない。実用性はないにもかかわらず、氏は探すことをやめないのだ。

発見自体に意味がある

もちろん、こうした小ネタを探しているのはMety333氏だけではない。依然として海外ではひとつグリッチが見つかっただけでもニュースが広まる。コログをバグで無限に増やせるというニュースも海外をにぎわせた。最近発見された奇妙なグリッチは「シーカーストーンを持たずに冒険に出られる」というもの。シーカーストーンがないまま旅に出ても、同アイテムに付随するイベントは発生する。各種特殊能力を使うこともできるし試練の祠に入ることもできる。シーカーストーンがなければ、ただマップを開けないだけ、それだけなのだ。ただマップを開けなくなるというグリッチをメディアは大々的に報じ、コメント欄には喜々としてこの仕様を利用した縛りプレイに挑戦すると公言するユーザーが続出している。

ただでさえ見つけるのに苦労するコログをさらに増やしてどうしたいのか

この熱気はある種理解の範疇を超えていると言わざるをえない部分もあるが、そうした熱量も『ゼルダの伝説 BotW』の完成度や自由度が生み出したものなのだろう。Metty333氏は「追加コンテンツは僕らの遊び可能性をさらに広げる」とも語っており、少なくともDLCの配信を終わるまで彼らの飽くなき情熱は燃え続けそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog