生贄を選ぶカルト教ゲーム『The Shrouded Isle』Steamで配信開始。暗黒神と信者の要求を受ける「中間管理職」となり罪人をあぶり出せ

パブリッシャーの「Kitfox Games」は、カルト教を題材としたシミュレーションゲーム『The Shrouded Isle』の配信をSteamにて開始した。価格は980円、8月12日までは10パーセントオフの882円にて購入可能。日本語字幕にも対応しており、英語がわからないプレイヤーでも問題なく楽しむことができるクオリティとなっている。実は本作、本格的なカルト教団の世界観よりも誰が罪人かを探る「人狼」的なプレイが楽しい作品となっているので、そういったタイプのゲームが好きな読者はゲームの複雑さにめげずにこのまま読み進めてみてほしい。

スポンサーリンク

ゲームの舞台となるのは、3年後に迫った暗黒の神「チェルノボグ」の目覚めを信じ続けるカルト教団が根付く孤島だ。この孤島には5つの家系が存在しており、それぞれの家には6人の家族たち、つまり合計30人の島民が住んでいる。司祭長であるプレイヤーの大まかな目標は、季節ごとに暗黒の神へと捧げるに適切な生贄を1人選びつつ(3年で合計12人)、島民の満足度と教団内の秩序を維持することである。

まずわかりづらい部分はひとまず置いておき、ゲームの基本的な流れを紹介しよう。本作では春夏秋冬、1年が4つの季節に分けられている。プレイヤーは季節ごとに各家から顧問を1人選定し、5人の顧問団を結成することになる。各季節は3か月に分かれており、月ごとに顧問団からさらに1人~3人の顧問を選出し、教団の活動をおこなわせる。そして季節の終わりには、5人の顧問のなかから必ず1人の生贄を選ぶ。また、詳しくは後述するが、プレイヤーは島民たちの素性を探り、彼らが生贄に値するかどうかも調べなければならない。

この画面から各家へとおもむき、季節ごとの顧問を決定する。なお左上の大聖堂では「好きな人が2人いるんですが誰と結婚すればいいでしょうか」といった面倒事ばかりのランダムイベントが発生する(たまにいいこともある)

このゲームにはゲームオーバーに直接絡む2つの要素があり、その1つが各家に設定されている「満足度」だ。この満足度は教団活動に選ばれたかどうか、家系の者が生贄となったかどうかなどで変化。満足度は「熱狂的」「満足」「中立」「不満」「反逆的」の5種類の状態に変化し、1つの家で「反逆的」の状態が二度の季節にわたり連続で続いてしまうと、暴動を起こされてしまいゲームオーバーとなってしまう。

そしてもう1つは、教団内の秩序を示す「無知」「情熱」「自制」「後悔」「服従」だ。これらのステータスは月ごとの教団活動によって変動する。各家にはこれらを維持する責務が与えられており、たとえば「ケグンニ家」は「無知」を担当。この家から選出された顧問が教団活動をすれば、「無知」のステータス値が上昇することになる。この5つのステータスも「満足度」と同様に、いずれかが基準値以下のまま季節を二度超えてしまうと、暗黒の神に見捨てられたのか主人公は二度と目覚めない眠りについてしまう。

「ケグンニ家」は「無知」、「イオセフカ家」は「情熱」、「カドエル家」は「自制」、「エファソン家」は「後悔」、「ジシュカ家」は「服従」の責務を担当。これらのステータスと満足度を維持することが本作のメインの目的となる

ここで本作を複雑かつ面白くしている要素がある。各家にいる6人の家族たちには司祭長も知らない素性として、さまざまな「徳」「不徳」が伏せられた状態で1つずつ設定されているのだ。実は本作は誰を生贄に選ぶかを楽しむというよりも、いかにこの「徳」「不徳」を調べるかというゲームなのである。

というのも本作は、なんの「不徳」を持っているのかわからない、あるいは大したことがない「不徳」を持つ人を生贄に選んでしまうと、実はその家の人々が激怒し「満足度」を大きく下げてしまう仕様を採用している。プレイヤーは季節ごとに回数限定でおこなえる家族の調査や、働いていると確立で判明する可能性がある教団活動を経て、「強い不徳を持つ人物」つまりは「罪人」を調べなければならない。誰彼構わず生贄を選んでしまうと、たちまち島民たちはカルト教団の幻想から目が覚め、反乱を起こしてしまうのだ。

また「徳」「不徳」の要素は、教団活動にも大きな影響を与えている。顧問に選ばれた島民の「徳」「不徳」は、教団内の秩序を示す5つのステータスにも、活動ごとにプラス・マイナスの影響を与えることになる。大きな「徳」を持つ島民は、生贄には選ばず優秀な片腕として残しておくといいだろう。あるいは伏せられた「不徳」の度合いを探るために、怪しい島民を1人だけ月ごとの活動に選び、数値がどれぐらい下がるのかを調べてもいい。「徳」「不徳」が伏せられた状態の3人に活動を指示し、いずれかの素性が確立で判明しないか神に祈るのもいいかもしれない。

なお家族を調査できる回数はその家の「満足度」によって変化。「不満」以下では一度も調査できなくなるが、逆に「熱狂的」であれば二度調べることができる。「中立」「満足」の場合は一度

本作は誰が「強い不徳(罪)」を持つのかを調べ生贄にすることがメインのゲームだが、月ごとの「教団活動」や「生贄」選びによって教団内の情勢は常にゆらめき、教団を維持するためにやむなく別の選択を取る必要がままある。そもそもゲーム中では「罪人」として認められる「不徳(-30)」を持っている島民は8人のみしか存在せず、強欲な神のためにプレイヤーは生贄にするほど不徳ではない4人を選ばなければならないのだ。「生贄をスケジュールどおり出せ、ただ教団の品格は守れよ」「ちなみに女で不倫の不徳を持ってる生贄を寄越せ」と迫ってくる神と、「なんで私たちを名誉ある教団の仕事にずっと任命してくれないんですか!」「2か月連続で我が家から生贄を選ぶだと!俺たちを怒らせるな」と文句ばかり言う団員のあいだで板挟みとなるプレイヤーもとい司祭長。彼は邪悪なカルト教団のリーダーというよりは、上からも下からも圧力をかけられている、くたびれた中間管理職のようにも見える。

『The Shrouded Isle』はけっしてとっつきやすい部類の作品ではないが、ゲームを理解し難題をコントロールすることができるようになれば、「誰が罪人なのかを考えてローリスクな動きを進めるプレイ」や、「自分の選択によってつむがれていく物語」を楽しむことができるようになるだろう。最後まで本記事を読みきったプレイヤーは、ぜひゲームの方もチェックしてみてほしい。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog