ゲーム専門クラウドファンディングサイトFig、『Kingdoms and Castles』のヒットを受けて初の配当金を支払い。額は投資額の2倍

クラウドファンディングサイト「Fig」は8月9日、同サイトで開発資金を獲得し、先月リリースされた『Kingdoms and Castles』において、Figとして初めて出資者に配当をおこなったとプレスリリースを通じて発表した。同作はFigでの成功ののちリリースされた初めてのゲームだった。

Figは、Double Fine ProductionsのTim Schafer氏などゲーム業界のベテランによって2015年に設立されたゲーム専門のクラウドファンディングサイトだ。Kickstarterなどのように出資したプランに合わせて開発したゲームなどが受け取れるほか、「Fig Game Share」といういわば株のようなものを購入して投資をすることもできることが大きな特徴となっている(アメリカ証券取引委員会の認可を受けた上でおこなっている)。投資したゲームが発売されたあと、収益とFig Game Shareの保有比率に応じて配当金が支払われる仕組みだ。また、クラウドファンディングに成功した開発者には発売までのサポートもおこなうという、業界のベテランらが立ち上げたサイトならではの特徴もある。

スポンサーリンク

今回配当がおこなわれた『Kingdoms and Castles』は、王国を築きながら侵略してくる敵にも対応するという王国運営シミュレーションゲームだ。今年1月にFigで目標の7倍以上の資金を獲得し、先月Steamで発売された。同作は発売からわずか2週間で100万ドル以上を売り上げており、これによってFigでの出資者には100パーセントの配当、つまり投資額の2倍の配当金が支払われたとのこと。出資者への配当は今後最大3年にわたって継続するという。

特にFigでのクラウドファンディングでは事前審査が厳密におこなわれるため、Kickstarterのように次々にキャンペーンが立ち上がるといった状況ではないが、キャンペーンに成功した10本以上のゲームが現在開発中で、中には『Psychonauts 2』や『Wasteland 3』『Pillars of Eternity II』といった注目作もある。なお、これらの作品の出資状況を見ると、半分もしくはそれ以上がFig Game Shareによる資金となっている。出資者がどれだけの配当を得られるかはあくまで発売してからの売り上げ次第だが、Figの新たな取り組みが受け入れられていることをうかがわせる。そして今回初めて配当がおこなわれたということで、その仕組みがうまく機能していることも証明された形だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog